| 活動を知る |

<農民ソーラー紹介>だだちゃ豆ソーラー:くろうえもん農場 木村充さん

鶴岡市矢馳で200年続く農家の当主をなさっているのが木村充さんです。
自然に影響を与えず自然と関わる「ローインパクト」の考え方を大切にして
自然に優しい農法を取り入れています。
「今ある環境を尊重し、この庄内という自然豊かな地域の中で、
農業を通じて食と農の大切さを多くの方と分かち合っていきたい。」
そう語る木村さん。

3.11以降、自分にできることは何かをずっと考え続けてこられた結果、
農を通じて人様と繋がっているのだから農業に欠かせない電気を
自然の力を借りて生み出したいと思われたそうです。

応援してくださる皆さんからエネルギーをいただき、電気、食、
そして喜びのエネルギーを大きく生み出して分かち合いたいと語る
木村さんの表情は明るい輝きに満ちています。

お申し込みは直接くろうえもん農場(http://kurouemon.jp/)までお願いいたします。
以下の画像はPDFでもダウンロードできます。

●発電所概要
設置場所:山形県鶴岡市矢馳
設立概要:太陽光発電バネル容量10kw
(パワーコンディショナー10kw)
完成予定:平成29年9月
事業費:250万円

●設立協賛募の募集
協賛募集:1口5万円 総協賛口数50口(先着順)
※自家用他贈呈用に口数の追加も可能です。
協賛特典:1口当たり、くろうえもん農場で生産した
だだちゃ豆・米を毎年11,000円相当で5年間お送りします。
夏便と秋便が1便ずつ届きます。片方だけ2便分お送りすることも可能です。
例:夏便 だだちゃ豆 約500g×4〜5パック 秋便 つや姫 約4kg×2袋
募集期間:平成29年7月10日〜平成29年10月20日
(黒澤)

| その他の記事 |

  • 2020.06.15
    山形とヨーロッパを結んで考えるコロナ後の地域と環境…

    世界が向き合わなければならなくなった空前の災害とも言える新型コロナウィルス。同じく世界が向き合わなければならないのが地球温暖化。どちらも、社会の構造、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2020.03.19
    RE100シンポジウム開催レポート

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • 電力会社を切り替え 2020.03.08
    電力会社を選ぶ2020年

    地球温暖化を防ぐために自分は何ができるかと考えている方、新しい電力会社の電気に変えるだけで、二酸化炭素の排出量を半減させることが可能です。 下の表は国 …

  • 2020.03.08
    やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人

    やまがた自然エネルギーネットワークはreallocal山形と協力し、やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人を紹介してきました。自然エネルギーに …

  • 2020.02.26
    脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する

    私たち、やまがた自然エネルギーネットワークは、「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)」の呼びかけに賛同し、以下を …

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …