| 活動を知る |

2020年のご挨拶
代表 三浦秀一

少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じた人も多いでしょう。そして、この問題に真剣に向き合おうとしない大人へ向けたスウェーデンのグレタさんの痛烈なスピーチにハッとさせられました。地球温暖化の影響は今まで私にとっても少し先のイメージでした。しかし、今はそれが現実味を帯び、もう対策にそれほど時間がないと感じるようになりました。なぜなら、その対策は温室効果ガスをゼロまたはマイナスにという異次元の目標だからです。
一般の人にとってゼロまたはマイナスというのは理解しがたい目標だと思います。これまでのような個人の努力だけで達成できるような目標ではないからです。しかし、その一方ではRE100という事業活動を100%再生可能エネルギーにしようという企業群も現れてきました。パリ協定のような政府間会議でなかなか野心的な目標が合意されない中では、志のある大企業が率先的な行動を取っていくというのは大きな意味があります。RE100に加盟しているのはアップルやグーグルといった巨大グローバル企業の影響力は今や国家以上のものがありえます。これまで化石燃料のサブ的な位置づけだった再生可能エネルギーが、もはや世界のエネルギーの中心になっていることを象徴する動きだといってもいいでしょう。
そんな世界の動きの中で、再生可能エネルギーの現場はどうなっていくのか。風車やメガソーラー、バイオマス、水力、再生可能エネルギーの現場は人里離れた山の中や、海の近く、世界の末端のような場所。そして、過疎化に悩む農山村や漁村です。今の状況だと再生可能エネルギーが100%になったとしても、その電源立地地域には人がいなくなっていたというようなことも起こり得ます。
「誰一人取り残さない」、SDGsに掲げられたこの理念は途上国だけに向けたものではなく、日本の中にも存在する課題です。RE100の実現も、SDGsのゴールの一つとしてとらえ、他のゴールとともに同時並行的に取り組んでいく必要があるでしょう。そうしなければ、世界の格差、日本の中の格差はまた広がっていくばかりです。

グローバルな世界と、ローカルな世界が分断されていては持続可能な世界は生まれないでしょう。この世界の片隅で働く人たちと、大都市や大企業の人たちとが互いをリスペクトし合いながらつながり、世界のグローバルな危機に立ち向かっていく、そんな社会の一端がこの山形から生まれてくることを目指し、2020年に入りたいと思います。

 

やまがたRE100シンポジウム 2020年2月13日開催

| その他の記事 |

  • 冊子資料 2022.04.04
    やまがたの自然でエネルギーを作るやまがたの人

    太陽光発電や風力発電などなど、自然エネルギーは自然から作るものですが、作るのは人です。自然エネルギーは発電設備等の技術に目が行きがちです。しかし、自然 …

  • お知らせ 2022.03.08
    脱炭素(省エネ、再エネ)による地域づくりフォーラム

      ■日時 2022年3月28日(月)12:30〜16:00 ■場所 ひらたタウンセンター (酒田市飛鳥字契約場30) ■スケジュール 12 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.02.17
    やまがたの森林資源を活用した地域で取り組むSDGs…

    ■ 日時 2022年3月10日 (木) 13:30-15:00 ■ 開催方法 オンライン開催(Zoomウェビナー) ①講座 いま向き合うべき 山形県内 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    山形RE100シンポジウム第2弾 山形から展開する…

    自社で使う電気を100%再生可能エネルギーにする目標を掲げるRE100企業や温暖化ガス排出ゼロを宣言する企業が日本でも急速に増えています。そして、山形 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    地域発展につながる地域新電力の作り方「やまがた自然…

    地域新電力は、地域経済循環や地域脱炭素化の 「地域の担い手」として期待され、全国で設立が相次いでいます。 一方、再エネ開発と同様に地域主体とならず、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.10.14
    脱炭素の地域づくりを考える上で知っておきたい気候変…

      今、脱炭素ということばが飛び交うようになりました。 地球温暖化を防止するためには、その原因となる二酸化炭素の排出をゼロにしなければならな …

  • 企画 2021.07.21
    庄内初のソーラーシェアリング_やまエネオンラインサ…

      (株)メカニックが庄内初のソーラーシェアリングに取り組みました。 今回は代表取締役でありやまエネ役員の佐藤優さんに取り組みについてご紹介 …

  • 冊子資料 2021.07.14
    やまがた自然エネルギー読本2021

    日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県は、わがまちは、どうなっているでしょうか。 県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見ながら、各地の …