| 活動を知る |

山形県民が参加してる!再エネプロジェクト

環境先進国の多いヨーロッパでは、風力発電やソーラーも市民共同発電所がたくさんあります。日本でも少しずつ市民共同発電所が生まれつつありますが、2016年度から山形県は「県民参加型再生可能エネルギー事業」として登録を始めました。これは県民が出しあった資金をもとに発電や熱利用の設備をつくって、そこから生まれる利益を配当や返礼等として還元する事業です。つまりみんなで発電所をつくって、その利益もみんなで分け合うということです。やまエネから、現在登録されている6件の取り組みを紹介します。そして「私もみんなといっしょにやってみたい」と思われたら、ぜひご相談ください。

■登録事業者
<1 さくらんぼ市民共同発電所
ソーラーワールド株式会社

<2 川西太陽光発電所
やまがた県民自然エネルギー株式会社

<3 飛田太陽光発電所
もがみ自然エネルギー株式会社

<4 東根ソーラーシェアリング発電所
長瀬農園

<5 だだちゃ豆ソーラー発電所
くろうえもん農場

6 雪蔵の雪氷熱を活用した地酒熟成の取り組み
農事組合法人ドメーヌ楽酒楽粋

■事業名
山形県県民参加型再生可能エネルギー事業登録制度

| その他の記事 |

  • 冊子資料 2022.04.04
    やまがたの自然でエネルギーを作るやまがたの人

    太陽光発電や風力発電などなど、自然エネルギーは自然から作るものですが、作るのは人です。自然エネルギーは発電設備等の技術に目が行きがちです。しかし、自然 …

  • お知らせ 2022.03.08
    脱炭素(省エネ、再エネ)による地域づくりフォーラム

      ■日時 2022年3月28日(月)12:30〜16:00 ■場所 ひらたタウンセンター (酒田市飛鳥字契約場30) ■スケジュール 12 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.02.17
    やまがたの森林資源を活用した地域で取り組むSDGs…

    ■ 日時 2022年3月10日 (木) 13:30-15:00 ■ 開催方法 オンライン開催(Zoomウェビナー) ①講座 いま向き合うべき 山形県内 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    山形RE100シンポジウム第2弾 山形から展開する…

    自社で使う電気を100%再生可能エネルギーにする目標を掲げるRE100企業や温暖化ガス排出ゼロを宣言する企業が日本でも急速に増えています。そして、山形 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    地域発展につながる地域新電力の作り方「やまがた自然…

    地域新電力は、地域経済循環や地域脱炭素化の 「地域の担い手」として期待され、全国で設立が相次いでいます。 一方、再エネ開発と同様に地域主体とならず、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.10.14
    脱炭素の地域づくりを考える上で知っておきたい気候変…

      今、脱炭素ということばが飛び交うようになりました。 地球温暖化を防止するためには、その原因となる二酸化炭素の排出をゼロにしなければならな …

  • 企画 2021.07.21
    庄内初のソーラーシェアリング_やまエネオンラインサ…

      (株)メカニックが庄内初のソーラーシェアリングに取り組みました。 今回は代表取締役でありやまエネ役員の佐藤優さんに取り組みについてご紹介 …

  • 冊子資料 2021.07.14
    やまがた自然エネルギー読本2021

    日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県は、わがまちは、どうなっているでしょうか。 県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見ながら、各地の …