| 活動を知る |

さくらんぼ市民共同発電所

さくらんぼ市民共同発電所はソーラーワールド株式会社とやまがた自然エネルギーネットワークが共同で東根市につくった発電所です。山形県内で3.11後初となる、市民出資による共同発電所が東根市に誕生しました。

2015年、山形県の太陽光発電所建設事業の公募に採択されたことにより、「さくらんぼ市民共同発電所」事業はスタートしました。建設には3つのタイプのサポーターの皆さんが関わっています。皆さんには太陽光発電の利益をもとに、配当や農産物でのお礼をお返ししています。太陽が生み出す電気で、太陽が生み出す農産物も応援していきたいとの思いです。太陽光発電は49.14kWですが、角度可変式として雪を落としやすくしています。また、災害時のために近隣の3つの自治会(三ツ屋地区、藤助新田、内町)のためにコンセントを設け、災害時の電源利用に関する協定を交わしています。

さくらんぼ市民共同発電所は、太陽光で発電した電力を日本生活協同組合連合会が設立した新しい電力会社である株式会社地球クラブへ売却しています。そして、この電気は山形県のコープ生協で扱っている電気の一部になっています。

 

①種別 太陽光発電
②発電出力 49.14kW
③稼働日 平成27年8月
④設置場所 東根市
⑤設置者 ソーラーワールド株式会社(所在地 天童市)
⑥県民の参加方法
(1)出資サポーター:少人数私募債/1口10万円
利益1%、5年での返還。
(2)農産物サポーター:建設協力金/1口5万円
東根産のお米やさくらんぼなどを毎年11,000円分、5年間お届け。
(3)組み立てサポーター:作業協力/パネル組み立てなど
お礼として、東根産の農産物をお渡し。

2015年6月に太陽電池組み込みワークショップが行われ、ここで架台施工、太陽電池モジュール加工作業と組付け作業が行われました。

架台施工

太陽電池モジュール加工作業

太陽電池モジュール組付け作業

2ヶ月後、通電式が行われました。
一人一人地域と自然への思いが詰まった発電所がいよいよ開通しました。

ソーラーパネルの裏に手書きメッセージが書き込まれています。

| その他の記事 |

  • 2020.06.15
    山形とヨーロッパを結んで考えるコロナ後の地域と環境…

    世界が向き合わなければならなくなった空前の災害とも言える新型コロナウィルス。同じく世界が向き合わなければならないのが地球温暖化。どちらも、社会の構造、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2020.03.19
    RE100シンポジウム開催レポート

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • 電力会社を切り替え 2020.03.08
    電力会社を選ぶ2020年

    地球温暖化を防ぐために自分は何ができるかと考えている方、新しい電力会社の電気に変えるだけで、二酸化炭素の排出量を半減させることが可能です。 下の表は国 …

  • 2020.03.08
    やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人

    やまがた自然エネルギーネットワークはreallocal山形と協力し、やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人を紹介してきました。自然エネルギーに …

  • 2020.02.26
    脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する

    私たち、やまがた自然エネルギーネットワークは、「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)」の呼びかけに賛同し、以下を …

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …