| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校第5回レポート
-地域で取り組む小水力発電-
講師上坂博亨 / 富山国際大学教授
DATA2017年12月9日(土) / 最上広域交流センター「ゆめりあ」ホール・アベージュ
やまがた自然エネルギー学校第5回のテーマは小水力。
黒部ダムで有名な富山県は、FITで導入された1000kW未満の小水力発電でも全国一。その富山県の小水力利用推進協議会の会長を務める、富山国際大学教授上坂博亨先生をお招きしました。
富山県には戦前、約1万カ所の水車があり、多くの家庭がマイ水車を持っていたそう。現在運転中の小水力発電所は37ヵ所、設備容量で約13,000kW(平成29年6月現在)。中でも土地改良区の水車が多く、年間5サイトほどの発電所がオープンしているとのこと。
そして事例として紹介されたのは、どれも上坂先生が地域や住民といっしょになって作り上げた楽しい水力発電所でした。一つ目は電力を自給したいという農家の声から、上坂先生自身が作ったという砂防堰堤を利用した1.4kWの水力発電。二つ目は、宇奈月温泉を活性化させようと作った2kWの水力発電所は温泉街の電気バスを走らせるもの。三つ目は、文化遺産でもある南砺市五箇山の合掌造りを守ろうと、地域の人たちといっしょに会社をつくって完成させた160kWの水力発電所。
 そして、最後に語られたのは、地域をもっとも良く理解している人々が、地域の人と一緒になって資源を守り利用することが大事だということでした。
翌日は、最上エリア内の現場を上坂先生からアドバイスをもらいながら見て回りました。明るいお人柄もあって、小水力の可能性を楽しく感じられるエネルギー学校となりました。
2017年12月9日(土)
最上広域交流センター「ゆめりあ」ホール・アベージュにて

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.09.04
    イベント情報:ほしい未来は、自分たちでつくる〜家庭…

      人のせいにせず、自分に“矢印”を向けられる「当事者」を育てるには? “ほしい未来は自分たちの手でつくっていこう” と思える生徒を育てるた …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.08.25
    バイオマス懐疑論を分かりやすく解説してもらいます

      最近、「バイオマスは石炭よりも環境に悪い」という話が聞かれるようになりました。 薪やペレット、チップといったバイオマスエネルギーは山形で …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.08.06
    ZEBを取り巻く環境とその進め方、開催のお知らせ

    オンラインで開催いたします。 詳細はこちらです。   ■講師 備前グリーンエネルギー 事業統括部長・執行役員 山口卓勇さん ■日時 2022 …

  • 電力会社を切り替え 2022.05.28
    やまエネがおすすめする電力会社4社!最新版

    誰でも、すぐにできる温暖化対策は電力会社の切り替え。でも、たくさんあってどこを選んでいいのかわからないですよね。再生可能エネルギーの比率を公開していな …

  • 冊子資料 2022.04.04
    やまがたの自然でエネルギーを作るやまがたの人

    太陽光発電や風力発電などなど、自然エネルギーは自然から作るものですが、作るのは人です。自然エネルギーは発電設備等の技術に目が行きがちです。しかし、自然 …

  • お知らせ 2022.03.08
    脱炭素(省エネ、再エネ)による地域づくりフォーラム

      ■日時 2022年3月28日(月)12:30〜16:00 ■場所 ひらたタウンセンター (酒田市飛鳥字契約場30) ■スケジュール 12 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.02.17
    やまがたの森林資源を活用した地域で取り組むSDGs…

    ■ 日時 2022年3月10日 (木) 13:30-15:00 ■ 開催方法 オンライン開催(Zoomウェビナー) ①講座 いま向き合うべき 山形県内 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    山形RE100シンポジウム第2弾 山形から展開する…

    自社で使う電気を100%再生可能エネルギーにする目標を掲げるRE100企業や温暖化ガス排出ゼロを宣言する企業が日本でも急速に増えています。そして、山形 …