| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校第4回レポート
地域を助ける風力発電 〜住民たちで進める自然エネルギー〜
講師西城戸誠 / 法政大学 人間環境学部教授
DATA2017年11月25日(土) / 鶴岡協同の家こぴあ

やまがた自然エネルギー学校第4回は風車がテーマ。でも技術的は話ではなくて、社会学の研究者である西城戸先生が講師。お話のポイントを拾い上げると次のようなことでした。

風車に限らず再生可能エネルギーにも課題があることを認識せねばならないが、合意形成がうまくいかないと反対運動になる場合もある。それがゆえに地域に資するものとなることが重要。日本の風力は大手デベロッパーによる開発が主流になっているのに対して、ドイツやデンマークは地域が中心になるコミュニティ・パワーとしての考え方が紹介される。しかし、日本の現実はそれを担える地域の主体はそう多くはない。日本でも市民風車が建設されてきたが、それとて落下傘的な側面は拭えず、地域に受け入れられるための活動は重要である。首都圏の生活クラブ風車がにかほ市に建設したが、建設後も現地への訪問や農産物の購入など精力的な交流が行われ、地域住民にも受け入れられるようになったきた。地域は重要だが、「誰が」ではなく、地域に「何を」もたらすのかを考えることが重要である。

以上のようなことでしたが、山形にも重なることがたくさんありました。風力発電は世界で最も普及している再生可能エネルギーの発電ですが、山形県は全国的に見てもさほど多い地域ではありません。やまがた自然エネルギーネットワークとしても、風力発電がよい形で地域に導入されるよう、様々なステークホルダーと連携を図った行きたいと思います。
2017年11月25日(土) 鶴岡協同の家こぴあ

| その他の記事 |

  • 企画 2021.07.21
    庄内初のソーラーシェアリング_やまエネオンラインサ…

      (株)メカニックが庄内初のソーラーシェアリングに取り組みました。 今回は代表取締役でありやまエネ役員の佐藤優さんに取り組みについてご紹介 …

  • 2021.07.14
    やまがた自然エネルギー読本2021

    日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県は、わがまちは、どうなっているでしょうか。 県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見ながら、各地の …

  • お知らせ 2021.07.03
    【お知らせ】代表の三浦が登壇します。

    株式会社メカニックが創立35周年記念、そして「ひらた石橋ソーラーファーム」の開所を記念してイベントを開催します。 そこでやまがた自然エネルギーネットワ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.07.03
    【イベント報告】省エネルギー診断から観る事務所・公…

    やまエネオンラインサロン第一回を昨日開催しました。 なんと20名を超える方にご参加いただきました。 ありがとうございます! 質疑応答も相次ぎ、とても盛 …

  • お知らせ 2021.06.26
    省エネルギー診断から観る事業所の課題【やまエネオン…

    やまエネオンラインサロン始まります! 第一回目は新役員の栗田晃一さんです。 “省エネルギー診断から観る事業所の課題”と題して …

  • お知らせ 2021.06.26
    本日開催!:つむぐマルシェ〜おぐにで楽しむSDGs…

    コンセプトは、楽しみながらSDGsについて学び、できることから始めよう! 10:00から小国町 アスモ駐車場でマルシェを開催しています。 主催はつむぐ …

  • イベント 2021.06.10
    STOP!気候変動 あと4年 止めるのは私たち ス…

    鶴岡市役所前でスタンディングアクションを実施します! 本日17:00から鶴岡市役所前の交差点で、どなた様も参加大歓迎です! ============= …

  • お知らせ 2021.04.28
    地域循環共生圏「鶴岡市三瀬」の紹介冊子

    自治会として日本で唯一、再生可能エネルギーとSDGsに取り組む鶴岡市三瀬。やまがた自然エネルギーネットワークが長年協力してきた地区です。環境省が提唱す …