| 活動を知る |

第3回自然エネルギー学校レポート
バイオマスによる地域のエネルギー転換ー世界のエネルギー動向を見据えてー
講師相川高信 / 自然エネルギー財団 上級研究員
DATA2017年10月20日 / 長沢集学校

舟形町の廃校を利用して4月にできたばかりの長沢集学校で開かれた、やまがた自然エネルギー学校第3回。日本各地のみならず世界中を駆け回る論客、相川高信さんを招き、バイオマスによる地域のエネルギー転換ー世界のエネルギー動向を見据えてーと題しての講演でした。山形でもバイオマス発電が乱立するなか、世界、東京、地方という視点からバイオマスの見え方の違いを最初に紹介していただきながら、次のような内容のお話が聞けました。

世界の再エネは太陽光と風力のコストが低下して再エネの主役になりつつある一方、欧州のバイオマスは飽和状態に近づき、日本のバイオマスは東京から見れば微々たるものにしか見えないものになっている。しかし、この山形にいれば目の前は森が広がり資源が存在するという現実を見なければならないし、地方でのポテンシャルは大きい。また、バイオマスは変動する風力や太陽光などの調整力としての役割も期待される。
バイオマスの熱には電気のFITのような制度がないが、今後の温暖化対策において二酸化炭素排出への課税は避けられないだろう。バイオマスとして日本でこれから重要なのは小型ボイラ。これまで日本に導入されたバイオマスボイラはコストが高く、当面の目標として20万円/kW+補助金を目指す必要がある。今後、重要なのは地域アライアンス。地域の設備屋、燃料供給者、建築士、行政などがいっしょになってボイラを導入できる体制を構築していく必要がある。

こんなふうに相川さんから繰り出されるグローバルな話からローカルな話まで。激変する再生可能エネルギーの中、森林のエネルギー利用を考えるたくさんのヒントがありました。会場の丸く配置された家具の中、参加者とのディスカッションも弾んでいきました。

| その他の記事 |

  • 2020.06.15
    山形とヨーロッパを結んで考えるコロナ後の地域と環境…

    世界が向き合わなければならなくなった空前の災害とも言える新型コロナウィルス。同じく世界が向き合わなければならないのが地球温暖化。どちらも、社会の構造、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2020.03.19
    RE100シンポジウム開催レポート

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • 電力会社を切り替え 2020.03.08
    電力会社を選ぶ2020年

    地球温暖化を防ぐために自分は何ができるかと考えている方、新しい電力会社の電気に変えるだけで、二酸化炭素の排出量を半減させることが可能です。 下の表は国 …

  • 2020.03.08
    やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人

    やまがた自然エネルギーネットワークはreallocal山形と協力し、やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人を紹介してきました。自然エネルギーに …

  • 2020.02.26
    脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する

    私たち、やまがた自然エネルギーネットワークは、「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)」の呼びかけに賛同し、以下を …

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …