| 活動を知る |

第1回自然エネルギー学校レポート
農家のソーラー発電所づくりとソーラーシェアリング
講師長島彬 / ソーラーシェアリングを推進する会会長、CHO技術研究所代表
講師秋葉慶次、木村充 /
DATA2017年8月5日 / 東根市タンクトルセンター

ソーラーシェアリングの発案者、長島さんを迎えての
やまがた自然エネルギー学校2007年度第1回目。
参加者は県内各地はもとより、宮城県や岩手県からも、
そして農家の方々がおられました。

ソーラーシェアリングとは、農作物の上に
幅35cmほどの細長い形のソーラーパネルを間隔を開けて
並べ、農作物も育つよう光が当たるようにしたもの。
太陽のエネルギーを発電にも、農業にも分けて使うこと
からこの名がつけられましたが、長島さんが
ソーラーシェアリングを思いついたのは2003年の暮れ
だったそうです。そして、2010年8月に実証試験を開始。

多くの作物には、一定以上の太陽光が当たっても、
これ以上は光合成量は増えなくなる光飽和点というものが
存在するため、太陽光発電パネルで多少の光をさえぎっても
成長には影響を与えないという理屈なのです。

ソーラーシェアリングのポイントはやはり
この細長パネルを使うこと。
どうしてもよくある大きいパネルを使いたくなるのですが、
影によるむらが出やすくなるので、遮光率は35%以内を
推奨されています。また、ソーラーシェアリングによる
副次的な効果として雪解けが早くなること。
これは放射冷却が少なくなるからではないかということでした。

そして、事例報告では東根で耕作放棄地に
ソーラーシェアリングを上げる秋葉さん。
それに、鶴岡で農業倉庫の上にソーラーを上げる木村さん。
二人とも、協賛金を募ってソーラーを上げ、
農産物でお返しするという方法。
ソーラーの上げ方は違えど、農業をしっかり営みながら
電気も作る。山を削って巨大なメガソーラーをつくるよりも
いろんな意味でいいと思います。
課題はコストの低減。今回参加された農家の方で、
自分もやって見たいという方がおられました。

山形から次なるエネルギー兼業農家が生まれるよう、
やまがた自然エネルギーネットワークは
意欲的な農家をサポートしていきたいと思います。

(三浦)

| その他の記事 |

  • 2020.06.15
    山形とヨーロッパを結んで考えるコロナ後の地域と環境…

    世界が向き合わなければならなくなった空前の災害とも言える新型コロナウィルス。同じく世界が向き合わなければならないのが地球温暖化。どちらも、社会の構造、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2020.03.19
    RE100シンポジウム開催レポート

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • 電力会社を切り替え 2020.03.08
    電力会社を選ぶ2020年

    地球温暖化を防ぐために自分は何ができるかと考えている方、新しい電力会社の電気に変えるだけで、二酸化炭素の排出量を半減させることが可能です。 下の表は国 …

  • 2020.03.08
    やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人

    やまがた自然エネルギーネットワークはreallocal山形と協力し、やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人を紹介してきました。自然エネルギーに …

  • 2020.02.26
    脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する

    私たち、やまがた自然エネルギーネットワークは、「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)」の呼びかけに賛同し、以下を …

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …