| 活動を知る |

第1回自然エネルギー学校レポート
農家のソーラー発電所づくりとソーラーシェアリング
講師長島彬 / ソーラーシェアリングを推進する会会長、CHO技術研究所代表
講師秋葉慶次、木村充 /
DATA2017年8月5日 / 東根市タンクトルセンター

ソーラーシェアリングの発案者、長島さんを迎えての
やまがた自然エネルギー学校2007年度第1回目。
参加者は県内各地はもとより、宮城県や岩手県からも、
そして農家の方々がおられました。

ソーラーシェアリングとは、農作物の上に
幅35cmほどの細長い形のソーラーパネルを間隔を開けて
並べ、農作物も育つよう光が当たるようにしたもの。
太陽のエネルギーを発電にも、農業にも分けて使うこと
からこの名がつけられましたが、長島さんが
ソーラーシェアリングを思いついたのは2003年の暮れ
だったそうです。そして、2010年8月に実証試験を開始。

多くの作物には、一定以上の太陽光が当たっても、
これ以上は光合成量は増えなくなる光飽和点というものが
存在するため、太陽光発電パネルで多少の光をさえぎっても
成長には影響を与えないという理屈なのです。

ソーラーシェアリングのポイントはやはり
この細長パネルを使うこと。
どうしてもよくある大きいパネルを使いたくなるのですが、
影によるむらが出やすくなるので、遮光率は35%以内を
推奨されています。また、ソーラーシェアリングによる
副次的な効果として雪解けが早くなること。
これは放射冷却が少なくなるからではないかということでした。

そして、事例報告では東根で耕作放棄地に
ソーラーシェアリングを上げる秋葉さん。
それに、鶴岡で農業倉庫の上にソーラーを上げる木村さん。
二人とも、協賛金を募ってソーラーを上げ、
農産物でお返しするという方法。
ソーラーの上げ方は違えど、農業をしっかり営みながら
電気も作る。山を削って巨大なメガソーラーをつくるよりも
いろんな意味でいいと思います。
課題はコストの低減。今回参加された農家の方で、
自分もやって見たいという方がおられました。

山形から次なるエネルギー兼業農家が生まれるよう、
やまがた自然エネルギーネットワークは
意欲的な農家をサポートしていきたいと思います。

(三浦)

| その他の記事 |

  • イベント 2021.01.28
    【イベント情報】新春再エネ座談会vol.2 板垣さ…

    やまエネ役員が語る!新春再エネ座談会vol.2です。 ㅤ 次回は鶴岡市にある株式会社板垣水道の代表取締役、板垣一紀さん。 ㅤ 薪ボイラーやチップボイラ …

  • イベント 2021.01.11
    【イベント情報】新春再エネ座談会vo.1 自宅を断…

    やまエネ役員が語る!新春再エネ座談会、開催します!! ㅤ 初回は東根市で会社経営を営む、やまエネ事務局長の大山和宏さん。 ㅤ 去年、ご自宅を断熱リフォ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.01.10
    【イベント情報】若手建築家が語る東北の木造エコ住宅

    ゼロカーボン社会を実現するのには、 住宅の断熱性能を高め、再生可能エネルギーを活用したエコ住宅を広げていかなければなりません。 ㅤ そうした中、東北で …

  • お知らせ 2021.01.04
    【イベント情報】まちなかの変化に追われるドイツの計…

    詳細 先進国を中心に、ライスタイルや商品の変化により、 都市の中心部の在り方も適応に迫られてきました。 さらに、コロナを経てこの変化はさらに加速したこ …

  • お知らせ 2021.01.04
    【動画のお知らせ】おしえて!地球に優しいエネルギー…

    初心者さんも楽しく(笑えて)学べる動画をリリースしました。 元吉本芸人の三浦友加さんに進行役になっていただき 東北芸術工科大学の大学生の皆さんからの質 …

  • お知らせ 2021.01.04
    新年のご挨拶

    2021年頭のご挨拶 やまがた自然エネルギーネットワーク代表 三浦秀一 ㅤ 静かに年が明けた2021年。 去年の今頃は世界のだれも予想していなかった …

  • イベント 2020.12.19
    若手建築家が語る東北の木造エコ住宅

    ゼロカーボン社会を実現するのには、住宅の断熱性能を高め、再生可能エネルギーを活用したエコ住宅を広げていかなければなりません。 ㅤ そうした中、東北では …

  • レポート 2020.11.23
    飯豊町バイオガス発電見学会を開催しました。

    飯豊町の見学会にはたくさんの方にご参加いただきました。 県外からの参加もありで、注目度高いですね。 ながめやまバイオガス発電所、エコタウン椿、 シェア …