| 活動を知る |

第1回自然エネルギー学校レポート
農家のソーラー発電所づくりとソーラーシェアリング
講師長島彬 / ソーラーシェアリングを推進する会会長、CHO技術研究所代表
講師秋葉慶次、木村充 /
DATA2017年8月5日 / 東根市タンクトルセンター

ソーラーシェアリングの発案者、長島さんを迎えての
やまがた自然エネルギー学校2007年度第1回目。
参加者は県内各地はもとより、宮城県や岩手県からも、
そして農家の方々がおられました。

ソーラーシェアリングとは、農作物の上に
幅35cmほどの細長い形のソーラーパネルを間隔を開けて
並べ、農作物も育つよう光が当たるようにしたもの。
太陽のエネルギーを発電にも、農業にも分けて使うこと
からこの名がつけられましたが、長島さんが
ソーラーシェアリングを思いついたのは2003年の暮れ
だったそうです。そして、2010年8月に実証試験を開始。

多くの作物には、一定以上の太陽光が当たっても、
これ以上は光合成量は増えなくなる光飽和点というものが
存在するため、太陽光発電パネルで多少の光をさえぎっても
成長には影響を与えないという理屈なのです。

ソーラーシェアリングのポイントはやはり
この細長パネルを使うこと。
どうしてもよくある大きいパネルを使いたくなるのですが、
影によるむらが出やすくなるので、遮光率は35%以内を
推奨されています。また、ソーラーシェアリングによる
副次的な効果として雪解けが早くなること。
これは放射冷却が少なくなるからではないかということでした。

そして、事例報告では東根で耕作放棄地に
ソーラーシェアリングを上げる秋葉さん。
それに、鶴岡で農業倉庫の上にソーラーを上げる木村さん。
二人とも、協賛金を募ってソーラーを上げ、
農産物でお返しするという方法。
ソーラーの上げ方は違えど、農業をしっかり営みながら
電気も作る。山を削って巨大なメガソーラーをつくるよりも
いろんな意味でいいと思います。
課題はコストの低減。今回参加された農家の方で、
自分もやって見たいという方がおられました。

山形から次なるエネルギー兼業農家が生まれるよう、
やまがた自然エネルギーネットワークは
意欲的な農家をサポートしていきたいと思います。

(三浦)

| その他の記事 |

  • 企画 2021.07.21
    庄内初のソーラーシェアリング_やまエネオンラインサ…

      (株)メカニックが庄内初のソーラーシェアリングに取り組みました。 今回は代表取締役でありやまエネ役員の佐藤優さんに取り組みについてご紹介 …

  • 2021.07.14
    やまがた自然エネルギー読本2021

    日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県は、わがまちは、どうなっているでしょうか。 県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見ながら、各地の …

  • お知らせ 2021.07.03
    【お知らせ】代表の三浦が登壇します。

    株式会社メカニックが創立35周年記念、そして「ひらた石橋ソーラーファーム」の開所を記念してイベントを開催します。 そこでやまがた自然エネルギーネットワ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.07.03
    【イベント報告】省エネルギー診断から観る事務所・公…

    やまエネオンラインサロン第一回を昨日開催しました。 なんと20名を超える方にご参加いただきました。 ありがとうございます! 質疑応答も相次ぎ、とても盛 …

  • お知らせ 2021.06.26
    省エネルギー診断から観る事業所の課題【やまエネオン…

    やまエネオンラインサロン始まります! 第一回目は新役員の栗田晃一さんです。 “省エネルギー診断から観る事業所の課題”と題して …

  • お知らせ 2021.06.26
    本日開催!:つむぐマルシェ〜おぐにで楽しむSDGs…

    コンセプトは、楽しみながらSDGsについて学び、できることから始めよう! 10:00から小国町 アスモ駐車場でマルシェを開催しています。 主催はつむぐ …

  • イベント 2021.06.10
    STOP!気候変動 あと4年 止めるのは私たち ス…

    鶴岡市役所前でスタンディングアクションを実施します! 本日17:00から鶴岡市役所前の交差点で、どなた様も参加大歓迎です! ============= …

  • お知らせ 2021.04.28
    地域循環共生圏「鶴岡市三瀬」の紹介冊子

    自治会として日本で唯一、再生可能エネルギーとSDGsに取り組む鶴岡市三瀬。やまがた自然エネルギーネットワークが長年協力してきた地区です。環境省が提唱す …