| 活動を知る |

やまがたの自然でエネルギーを作るやまがたの人
やまがたの人、7人のインタビュー

太陽光発電や風力発電などなど、自然エネルギーは自然から作るものですが、作るのは人です。自然エネルギーは発電設備等の技術に目が行きがちです。しかし、自然エネルギーは地域の人が、地域の自然を使って、エネルギーを作る、人と自然のドラマです。薪がそうでしたし、電化が始まった明治の頃の水力発電もそうでした。また、このエネルギーは誰が、どこで、どうやって作っているのか、自然エネルギーは農産物と同じように作り手が見えることも大事なことだと思います。
自然は資源。自然をエネルギーにすれば利益を生み出すこともできるようになってきました。地方の豊かな自然は経済的な価値を持ち始めているのです。しかし、地方で目に付くのは都会や海外の企業がつくった大きな自然エネルギー設備です。それでいいでしょうか。地域の人が守り育ててきた自然から生まれた利益は、地域に返るべきではないでしょうか。
やまがたの自然エネルギーは、やまがたの人が、やまがたの自然から作っている。そういう姿をこの冊子ではお伝えしていきたいと思います。やまがたの人と自然を輝くものにしていくために。新たにお二人を加えて、7人の志を感じてください。
やまがた自然エネルギーネットワーク 代表 三浦秀一

1 東根の太陽光からお米とワラビと電気を作る!
長瀬農園/ 秋葉慶次さん

2 地域の自然からエネルギー供給の仕組みを作る!
ソーラーワールド/武内賢二さん

3 米沢の太陽光でおいしいお米と電気を作る!
みつばち発電所/木村成一さん

4 庄内の風からエネルギーと地域の未来を作る!
加藤総業/加藤聡さん

5 豊かな森の木々から新しい地域経済を作る!
Pelletman/ 高橋睦人さん

6 牛舎の排泄物からエネルギーと地域の明日を作る!
ながめやまバイオガス発電所/後藤博信さん

7 地域の森の木々から頼れるエネルギーと安心のインフラを作る!
丸徳ふるせ/菅徳嘉さん

インタビュアー/ 三浦秀一

冊子ダウンロード Yamaene_InterviewBook_2nd

| その他の記事 |

  • 冊子資料 2022.04.04
    やまがたの自然でエネルギーを作るやまがたの人

    太陽光発電や風力発電などなど、自然エネルギーは自然から作るものですが、作るのは人です。自然エネルギーは発電設備等の技術に目が行きがちです。しかし、自然 …

  • お知らせ 2022.03.08
    脱炭素(省エネ、再エネ)による地域づくりフォーラム

      ■日時 2022年3月28日(月)12:30〜16:00 ■場所 ひらたタウンセンター (酒田市飛鳥字契約場30) ■スケジュール 12 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.02.17
    やまがたの森林資源を活用した地域で取り組むSDGs…

    ■ 日時 2022年3月10日 (木) 13:30-15:00 ■ 開催方法 オンライン開催(Zoomウェビナー) ①講座 いま向き合うべき 山形県内 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    山形RE100シンポジウム第2弾 山形から展開する…

    自社で使う電気を100%再生可能エネルギーにする目標を掲げるRE100企業や温暖化ガス排出ゼロを宣言する企業が日本でも急速に増えています。そして、山形 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    地域発展につながる地域新電力の作り方「やまがた自然…

    地域新電力は、地域経済循環や地域脱炭素化の 「地域の担い手」として期待され、全国で設立が相次いでいます。 一方、再エネ開発と同様に地域主体とならず、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.10.14
    脱炭素の地域づくりを考える上で知っておきたい気候変…

      今、脱炭素ということばが飛び交うようになりました。 地球温暖化を防止するためには、その原因となる二酸化炭素の排出をゼロにしなければならな …

  • 企画 2021.07.21
    庄内初のソーラーシェアリング_やまエネオンラインサ…

      (株)メカニックが庄内初のソーラーシェアリングに取り組みました。 今回は代表取締役でありやまエネ役員の佐藤優さんに取り組みについてご紹介 …

  • 冊子資料 2021.07.14
    やまがた自然エネルギー読本2021

    日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県は、わがまちは、どうなっているでしょうか。 県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見ながら、各地の …