| 活動を知る |

やまがたRE100シンポジウム 2020.2.13
DATA2020.2.13 / 東北芸術工科大学

山形RE100シンポジウム
地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入

日時 2020年2月13日(木)13:30~
会場 東北芸術工科大学 201講義室
参加費 無料

RE100は企業が使う電気を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的なイニシアティブです。異常気象が頻発しはじめ、地球温暖化を防止するために100%再生可能エネルギーにすることはもはや現実的な目標となっています。そして、山形県の豊富な自然はRE100の実現にとって重要な資源となります。
企業はどのようにRE100を実現しようとしているのか、その動向と具体的な方法を見ながら山形全体の100%再生可能エネルギー化を展望していきます。

講師
石田雅也 公益財団法人 自然エネルギー財団 シニアマネージャー
「企業や自治体に求められる自然エネルギーの利用拡大」
高瀬香絵 CDP Worldwide-Japan シニアマネージャー
「RE100とは何か?グローバル企業が進める再エネによるローカル経済の進展」
出口裕一 リコー環境事業開発センター 事業所長
「リコーが取り組むSDGsとRE100」
加藤聡  加藤総業株式会社 代表取締役社長
「山形県における風力発電の今と将来」
矢作浩一 株式会社やまがた新電力 事業推進部部長
「地域新電力会社としての取組と課題」
司会 三浦秀一 東北芸術工科大学 教授

●シンポジウムの参加申込フォームURL
https://forms.gle/J5KdRfzdjXePw1oE9

●シンポジウムチラシのダウンロード
http://yamaene.net/cms/wp-content/uploads/2020/01/RE100YamagataSympo.pdf

主催 やまがた自然エネルギーネットワーク
後援 山形県、RE-Users地域連携プロジェクト(自然エネルギー財団、CDP Worldwide-Japan共同運営)
地球環境基金補助事業

| その他の記事 |

  • 冊子資料 2022.04.04
    やまがたの自然でエネルギーを作るやまがたの人

    太陽光発電や風力発電などなど、自然エネルギーは自然から作るものですが、作るのは人です。自然エネルギーは発電設備等の技術に目が行きがちです。しかし、自然 …

  • お知らせ 2022.03.08
    脱炭素(省エネ、再エネ)による地域づくりフォーラム

      ■日時 2022年3月28日(月)12:30〜16:00 ■場所 ひらたタウンセンター (酒田市飛鳥字契約場30) ■スケジュール 12 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2022.02.17
    やまがたの森林資源を活用した地域で取り組むSDGs…

    ■ 日時 2022年3月10日 (木) 13:30-15:00 ■ 開催方法 オンライン開催(Zoomウェビナー) ①講座 いま向き合うべき 山形県内 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    山形RE100シンポジウム第2弾 山形から展開する…

    自社で使う電気を100%再生可能エネルギーにする目標を掲げるRE100企業や温暖化ガス排出ゼロを宣言する企業が日本でも急速に増えています。そして、山形 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.11.03
    地域発展につながる地域新電力の作り方「やまがた自然…

    地域新電力は、地域経済循環や地域脱炭素化の 「地域の担い手」として期待され、全国で設立が相次いでいます。 一方、再エネ開発と同様に地域主体とならず、 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2021.10.14
    脱炭素の地域づくりを考える上で知っておきたい気候変…

      今、脱炭素ということばが飛び交うようになりました。 地球温暖化を防止するためには、その原因となる二酸化炭素の排出をゼロにしなければならな …

  • 企画 2021.07.21
    庄内初のソーラーシェアリング_やまエネオンラインサ…

      (株)メカニックが庄内初のソーラーシェアリングに取り組みました。 今回は代表取締役でありやまエネ役員の佐藤優さんに取り組みについてご紹介 …

  • 冊子資料 2021.07.14
    やまがた自然エネルギー読本2021

    日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県は、わがまちは、どうなっているでしょうか。 県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見ながら、各地の …