| 活動を知る |

代表より新年の挨拶

 

2019年、今年はどんな年になるでしょう。
昨年は大きな転換点となる年だったと言えるでしょう。
それは世界が地球温暖化防止に取り組むことを決意し、
自然エネルギーが世界のエネルギーの中心なることが
はっきりと見えた年ではなかったでしょうか。

 

 

そして、地球温暖化や自然エネルギーのことを貧困や教育、
経済などとも合わせて取り組んでいこうとするSDGsが
あちこちで議論されるようになりました。
その目標は「Transforming our World 我々の世界を変革する」こと。
みなさんは世界をどう変えたいでしょうか。
どんな山形にしていきたいでしょうか。
そんなことを考えたことはあるでしょうか。

 

 

世界を変革するというと大げさに聞こえるかもしれませんが、
世界とは自分を取り巻く環境ともいえるでしょう。
世界を変えるのは、みんながよりよく生きるためであって、
自分だけがよくなっても幸せにはならないからです。

 

 

自然エネルギーは明るい未来を築くと
多くの人は想像してきたでしょう。
しかし、山形の豊かな自然を破壊する巨大なメガソーラーが
山林に計画されていることが明るみになりました。
自然エネルギーはこれからの山形を変えていく大きな要素ですが、
よい変化をもたらすかどうかはそれを進める人次第です。

 

 


自然エネルギーによってどんな山形をつくりたいのか、
もっと語り合わなければ、予期せぬ事態をも招きます。
自然を活かしながら自然と共生していくことは
新しいチャレンジでもあり、過去の歴史に学ぶことでもあります。
語り合えば、きっとわくわくするような山形が見えて来るはずです。
今年はそんな自然エネルギーによる新しい山形の未来をみんなで語り合いましょう。

 

 

やまがた自然エネルギーネットワーク代表 三浦秀一
2019.1.1

| その他の記事 |

  • 電力会社を切り替え 2019.03.29
    電力会社を切り替える

    今まで山形県の家庭は東北電力以外から電気を買うという選択肢はありませんでした。しかし、2016年4月から自由化され、電力会社を選ぶことが可能になりまし …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.02.23
    山形新聞、荘内日報にに取り上げていただきました!

      先日鶴岡市で開催した「農地で電気も作る発電ソーラーシェアリング」の様子を山形新聞、荘内日報で紹介していただきました。

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …

  • お知らせ 2019.01.03
    代表より新年の挨拶

      2019年、今年はどんな年になるでしょう。 昨年は大きな転換点となる年だったと言えるでしょう。 それは世界が地球温暖化防止に取り組むこと …

  • レポート 2018.12.03
    【イベントレポート】農地で始めるソーラーシェアリン…

    農地で始める発電ソーラーシェアリング、 約70名の方にご参加いただきました! ありがとうございました。   当日は司会をやまエネ代表の三浦が行い、 基 …

  • やまがた薪まきネットワーク 2018.11.04
    森の薪づくり教室

    薪ストーブの季節がやってきました! この冬の薪は準備万端でしょうか。 さて、今年の薪づくり教室は、薪の山を巡って上山市の山元林業協同組合を訪ねたいと思 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.10.21
    【イベントレポート】自然エネルギーの新しい担い手 …

    60名を超えるご参加、誠にありがとうございました。 ラウパッハ先生をお招きしての二日間にわたる講座、 大白熱で終了しました。