| 活動を知る |

11/12 農地で電気もつくるソーラーシェアリング
やまがた自然エネルギー学校
DATA2018年11月12日(月)13:30 ~ 16:30 / 山形信用金庫本部4階大会議室(山形市鉄砲町2-18-5)

ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による農業経営のさらなる規模拡大や6次産業化の推進が期待できます。農林水産省は営農型発電設備としてソーラーシェアリングを定義づけ、担い手の所得向上や荒廃農地の解消につながる取組を後押ししていこうとしています。そして本年、ソーラーシェアリング推進連盟が普及啓発や政策提言に向けて誕生しました。農業と共存するソーラーシェアリングに関する基本的な考え方から具体的な進め方や実践事例まで、最新動向を学ぶ講演会です。

司会 三浦秀一氏 東北芸術工科大学教授(やまがた自然エネルギーネットワーク代表)
基調講演
・鎌田知也氏 農林水産省・再生可能エネルギー室室長
「農業政策としてのソーラーシェアリング」
・馬上丈司氏 千葉エコ・エネルギー(株) 代表取締役、一般社団法人ソーラーシェアリング推進連盟 代表理事
「ソーラーシェアリングの本格的普及と次世代モデル」
事例報告
・秋葉慶次氏 ソーラーシェアリングをつくった東根市の農家
・二田良英氏 株式会社アイセス新エネルギー事業部部長(ソーラーシェアリング開発メーカー)

2018年11月12日(月)13:30 ~ 16:30
会場 山形信用金庫本部4階大会議室(山形市鉄砲町2-18-5)
参加費 無料  定員50名

■申込方法  2つの方法があります。
(1)下のリンクから申し込み
https://goo.gl/forms/zXt3nlq13VTp8FH53
(2)メールで申し込み
info@yamaene.netへタイトル【ソーラーシェアリング講演会11/12申し込み】とし、①氏名 ②連絡先を記入してください。

主催 やまがた自然エネルギーネットワーク、NPO法人バイオマスもがみの会、長瀬農園、木村九郎右衛門農場
共催 山形信用金庫、米沢信用金庫、鶴岡信用金庫、新庄信用金庫
後援 山形県

<問い合わせ先>
やまがた自然エネルギーネットワーク TEL:050-3479-2014 FAX:0237-48-2298 メール:info@yamaene.net

| その他の記事 |

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.12.14
    やまがたRE100シンポジウム 2020.2.13

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.11.14
    2019年12月6日 農地で電気もつくるソーラーシ…

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取り組みです。 作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、 農業経 …

  • お知らせ 2019.10.29
    環境やまがた奨励賞を受賞しました!

    この度、地球環境または地域環境の保全と創造に功績があったとして やまがた自然エネルギーネットワークを受賞していただきました。   10月26日に開催さ …

  • お知らせ 2019.08.31
    YAMAENE DAYS2019 再エネフェス

    今年のYAMAENEDAYSは再エネフェスとして開催です。ライブあり、マルシェあり、展示あり、そしてフォーラムあり。歌って、食べて、見て、聞いて、体験 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …