| 活動を知る |

だだちゃ豆ソーラー発電所

鶴岡市で200年、先祖代々農家を受け継いだ22代目木村九郎右衛門(屋号)がだだちゃ豆ソーラーを始めた木村充さんです。その名の通り、だだちゃ豆農家です。木村さんは自然に影響を与えず自然と関わる「ローインパクト」の考え方を大切にして自然に優しい農法を取り入れてきました。

①種別 太陽光発電
②発電出力 10.2kW
③稼働日 平成29年11月
④実施場所 鶴岡市
⑤設置者 くろうえもん農場(所在地 鶴岡市)
⑥県民の参加方法 1口5万円の協賛(全50口)でだだちゃ豆・米11,000円分が5年間特典として届く。

「今ある環境を尊重し、この庄内という自然豊かな地域の中で、農業を通じて食と農の大切さを多くの方と分かち合っていきたい。」と話してくれました。木村さんは3.11以降、自分に何ができるかを考え続けてきました。「農を通じて人様と繋がる自分であれば、農業に決して欠かせない電気を自然の力を借りて生み出せないものだろうか。」と思い至り始めたのがだだちゃ豆ソーラー発電所でした。

だだちゃ豆ソーラーはなんと農機具小屋の屋根に設置してあります。その理由を聞くと「小屋の上につけるよりビニールハウスの上につける方がコストがかからないからやる方は楽なんだけど、僕らの世代には(自然環境に)何もしなかった責任があるから自分ができること頑張って挑戦するか、って。だからハウスの倍くらいはコストかかったけど、それくらいやってなんとかせにゃならんと思ったのよ。」と話してくれました。

今は同じような形で発電所をやれないか、という農家さんの相談に乗っています。元が取れるのに10年かかるっていうと、ほとんどの方は驚くのだとか。でも農家が土地を買ったら20年かかっても?なのにどうしてだろうね、というのが木村さんの考えです。だだちゃ豆ソーラーを始めたことで、知らない方からも話しかけられる機会が増えました。

木村さんは発電所設置にあたり、協賛金を募集しました。なんと満額の50口が集まり、協賛特典として木村さんの畑で採れただだちゃ豆と米を5年間送っています。協賛金のお礼と開通式祝いを兼ねて開催した餅つき大会には、老若男女多くの方が集まり大にぎわいとなりました。「みんなうまいうまい!とつきたての餅を食べてくれたから嬉しかった。やってよかったと思ったよ。」とニコニコ話してくれました。

<協賛金募集のチラシ>

「私自身、F1の事故以来次の世代に示しをつけること。技術・科学は道具。使い方次第。自分の人生も使い方次第だと思います。応援してくださる皆さんからエネルギーをいただいて、電気、食、喜びのエネルギーを大きく生み出して分かち合えたら最高だな。」と真っ黒に日焼けした顔で話す姿が印象的でした。

| その他の記事 |

  • お知らせ 2019.08.31
    YAMAENE DAYS2019 再エネフェス

    今年のYAMAENEDAYSは再エネフェスとして開催です。ライブあり、マルシェあり、展示あり、そしてフォーラムあり。歌って、食べて、見て、聞いて、体験 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    山形でもやろうよSDGs

    会社も地域も生活も、いろいろ問題が多くなってきましたが、目先のことだけ考えていても、自分に関係することだけを見ていても、なかなか解決しないものです。や …

  • お知らせ 2019.06.16
    映画「おだやかな革命」地域自主上映会募集!

    やまがた自然エネルギーネットワークでは、地域住民が地域資源を活用したエネルギー利用を考えることを目的として行う「おだやかな革命」自主上映会を募集します …

  • 電力会社を切り替え 2019.03.29
    電力会社を切り替える

    今まで山形県の家庭は東北電力以外から電気を買うという選択肢はありませんでした。しかし、2016年4月から自由化され、電力会社を選ぶことが可能になりまし …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.02.23
    山形新聞、荘内日報にに取り上げていただきました!

      先日鶴岡市で開催した「農地で電気も作る発電ソーラーシェアリング」の様子を山形新聞、荘内日報で紹介していただきました。

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …