| 活動を知る |

東根ソーラーシェアリング発電所

東根市で、さくらんぼとお米をつくっている農家が秋葉慶次さんです。秋葉さんは遊休農地に支柱を立てて太陽光パネルを取り付けたソーラーシェアリング(営農型発電)に取り組んでいます。ソーラーの下はワラビ畑にします。

①種別 太陽光発電
②発電出力 68kW(648枚)
③稼働日 平成29年9月
④実施場所 東根市
⑤設置者 長瀬農園(所在地 東根市)
⑥県民の参加方法 1口5万円の協賛(全100口)で11,000相当のさくらんぼ・米が5年間届く。

秋葉さんはそのいきさつをこんふうに語ってくれました。「私が暮らしている東根市の大富・羽入地区周辺は、最上川水系の清流である小見川が流れる水の恵みが豊かです。そしてこの自然環境は、昔からこの地の人々の生活と農業を支えてきました。この地でも、近年では農業に従事する人の高齢化が進む中で、専業で農業をやっているも少なくなってきており、長年耕作されていない遊休農地があちこちに見られます。農家として遊休地の有効活用や地域のために何かできないかと考えてきました。そんな中、農地に支柱を立ててソーラー発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うソーラーシェアリングと出会い、平成27年に田んぼに30kWのソーラーシェアリングを自分で作りました。農家は、自然が相手の商売であり、さくらんぼや米などの農産物をつくることとエネルギーをつくることも同じこと。近所の人々が集まって、遊休農地を使ってソーラー発電をして、再び農地を耕し農作物をつくって、地域のみんなの元気を生み出す取組みにチャレンジしていきたいと考えています。」

秋葉さんのソーラーシェアリング第2号は2017年9月に完成し、通電開始しました。今も順調に発電しています。冬の雪対策も考えており、可変式のパネル(手動)で、月ごとにパネルの角度を10度〜60度まで変えることができます。そうすることで発電量が増え、積雪によるパネルの損傷を防ぐこともできます。

秋葉さんはソーラーパネルの設置にあたり、協賛金を募集しました。協賛特典はさくらんぼとお米(つや姫・はえぬき)です。環境に優しいばかりか、美味しく私たちのお腹を満たしてくれ、挑戦への勇気までくれるさくらんぼソーラーは多くの方を笑顔にしていることでしょう。

新しい農家の姿として、秋葉さんの取り組みは地元新聞紙や日本経済新聞にも取り上げられています。

 

<協賛金募集のチラシ>

| その他の記事 |

  • お知らせ 2019.08.31
    YAMAENE DAYS2019 再エネフェス

    今年のYAMAENEDAYSは再エネフェスとして開催です。ライブあり、マルシェあり、展示あり、そしてフォーラムあり。歌って、食べて、見て、聞いて、体験 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    山形でもやろうよSDGs

    会社も地域も生活も、いろいろ問題が多くなってきましたが、目先のことだけ考えていても、自分に関係することだけを見ていても、なかなか解決しないものです。や …

  • お知らせ 2019.06.16
    映画「おだやかな革命」地域自主上映会募集!

    やまがた自然エネルギーネットワークでは、地域住民が地域資源を活用したエネルギー利用を考えることを目的として行う「おだやかな革命」自主上映会を募集します …

  • 電力会社を切り替え 2019.03.29
    電力会社を切り替える

    今まで山形県の家庭は東北電力以外から電気を買うという選択肢はありませんでした。しかし、2016年4月から自由化され、電力会社を選ぶことが可能になりまし …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.02.23
    山形新聞、荘内日報にに取り上げていただきました!

      先日鶴岡市で開催した「農地で電気も作る発電ソーラーシェアリング」の様子を山形新聞、荘内日報で紹介していただきました。

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …