| 活動を知る |

地域で取り組む小水力発電
やまがた自然エネルギー学校第四回(庄内補講)

山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水は地域と密接な関係を持っています。
富山県は全国で最も多くの電気を水力発電でつくる県であり、小水力発電の先進地でもあります。富山県の小水力利用推進協議会の会長を務め、小水力発電の普及に努めてきた上坂氏を迎え、富山県の様々な事例や、どのように小水力発電に取り組んできたかをお話しいただきます。
また、山形県大蔵村で計画されている小水力発電について、調査から関わっているもがみ自然エネルギー株式会社の小島一二三氏からご紹介いただきます。

講師:上坂博亨氏
(富山国際大学教授、富山県小水力利用推進協議会会長)
小島一二三氏(もがみ自然エネルギー株式会社)
三浦秀一氏(東北芸術工科大学)

■日時
2018年3月24日(土)14:00〜17:00
翌日午前中には小水力発電の候補地見学にも行きますので、ご希望の方は事務局までご連絡ください。
■場所
鶴岡協同の家 こぴあ 2階ホール(鶴岡市余慶町1-2)
■参加費 無料


上坂博亨氏プロフィール
1957年福井県生まれ。1980 年筑波大学第二学群生物学類卒,1987 年筑波大学理学博士,富士通株式会社入社,2000 年富山国際大学地域学部助教授,2003 年フランス・欧亜ビジネス管理学院客員教授,2004 年から地域学部教授。2009 年より子ども育成学部教授。2013年より現代社会学部教授。
我が国で最も有望な再生可能エネルギーの一つである小水力エネルギーの活用を促進し、直面するエネルギー問題と温暖化対策、集落再生とエネルギー自立に対して、地域が主体的解決能力を発揮できるメカニズムの創出を目指す。また一つの具体策として地域適合性の高い電気自動車や地中熱ヒートポンプとの組み合わせによるエネルギー自給型地域社会システムの検討を行っている。

■申し込み方法
下記の申し込みフォームから申し込みください。
申し込みフォーム

■お問い合わせ先
やまがた自然エネルギーネットワーク事務局
東根市大字羽入2115-4
TEL:050-3479-2014 FAX:0237-48-2298
Mail:info@yamaene.net

■主催:やまがた自然エネルギーネットワーク
共催:山形県庄内総合支庁
後援:山形県、東北芸術工科大学、NPO法人環境ネットやまがた、NPO法人バイオマス最上の会、置賜自給圏機構、生協共立社、生活クラブやまがた

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    山形でもやろうよSDGs

    会社も地域も生活も、いろいろ問題が多くなってきましたが、目先のことだけ考えていても、自分に関係することだけを見ていても、なかなか解決しないものです。や …

  • お知らせ 2019.06.16
    映画「おだやかな革命」地域自主上映会募集!

    やまがた自然エネルギーネットワークでは、地域住民が地域資源を活用したエネルギー利用を考えることを目的として行う「おだやかな革命」自主上映会を募集します …

  • 電力会社を切り替え 2019.03.29
    電力会社を切り替える

    今まで山形県の家庭は東北電力以外から電気を買うという選択肢はありませんでした。しかし、2016年4月から自由化され、電力会社を選ぶことが可能になりまし …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.02.23
    山形新聞、荘内日報にに取り上げていただきました!

      先日鶴岡市で開催した「農地で電気も作る発電ソーラーシェアリング」の様子を山形新聞、荘内日報で紹介していただきました。

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …

  • お知らせ 2019.01.03
    代表より新年の挨拶

      2019年、今年はどんな年になるでしょう。 昨年は大きな転換点となる年だったと言えるでしょう。 それは世界が地球温暖化防止に取り組むこと …