| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校第5回レポート
-地域で取り組む小水力発電-
講師上坂博亨 / 富山国際大学教授
DATA2017年12月9日(土) / 最上広域交流センター「ゆめりあ」ホール・アベージュ
やまがた自然エネルギー学校第5回のテーマは小水力。
黒部ダムで有名な富山県は、FITで導入された1000kW未満の小水力発電でも全国一。その富山県の小水力利用推進協議会の会長を務める、富山国際大学教授上坂博亨先生をお招きしました。
富山県には戦前、約1万カ所の水車があり、多くの家庭がマイ水車を持っていたそう。現在運転中の小水力発電所は37ヵ所、設備容量で約13,000kW(平成29年6月現在)。中でも土地改良区の水車が多く、年間5サイトほどの発電所がオープンしているとのこと。
そして事例として紹介されたのは、どれも上坂先生が地域や住民といっしょになって作り上げた楽しい水力発電所でした。一つ目は電力を自給したいという農家の声から、上坂先生自身が作ったという砂防堰堤を利用した1.4kWの水力発電。二つ目は、宇奈月温泉を活性化させようと作った2kWの水力発電所は温泉街の電気バスを走らせるもの。三つ目は、文化遺産でもある南砺市五箇山の合掌造りを守ろうと、地域の人たちといっしょに会社をつくって完成させた160kWの水力発電所。
 そして、最後に語られたのは、地域をもっとも良く理解している人々が、地域の人と一緒になって資源を守り利用することが大事だということでした。
翌日は、最上エリア内の現場を上坂先生からアドバイスをもらいながら見て回りました。明るいお人柄もあって、小水力の可能性を楽しく感じられるエネルギー学校となりました。
2017年12月9日(土)
最上広域交流センター「ゆめりあ」ホール・アベージュにて

| その他の記事 |

  • 電力会社を切り替え 2020.03.08
    電力会社を選ぶ2020年

    地球温暖化を防ぐために自分は何ができるかと考えている方、新しい電力会社の電気に変えるだけで、二酸化炭素の排出量を半減させることが可能です。 下の表は国 …

  • 2020.03.08
    やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人

    やまがた自然エネルギーネットワークはreallocal山形と協力し、やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人を紹介してきました。自然エネルギーに …

  • 2020.02.26
    脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する

    私たち、やまがた自然エネルギーネットワークは、「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)」の呼びかけに賛同し、以下を …

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.12.14
    やまがたRE100シンポジウム 2020.2.13

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.11.14
    2019年12月6日 農地で電気もつくるソーラーシ…

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取り組みです。 作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、 農業経 …