| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校第5回レポート
-地域で取り組む小水力発電-
講師上坂博亨 / 富山国際大学教授
DATA2017年12月9日(土) / 最上広域交流センター「ゆめりあ」ホール・アベージュ
やまがた自然エネルギー学校第5回のテーマは小水力。
黒部ダムで有名な富山県は、FITで導入された1000kW未満の小水力発電でも全国一。その富山県の小水力利用推進協議会の会長を務める、富山国際大学教授上坂博亨先生をお招きしました。
富山県には戦前、約1万カ所の水車があり、多くの家庭がマイ水車を持っていたそう。現在運転中の小水力発電所は37ヵ所、設備容量で約13,000kW(平成29年6月現在)。中でも土地改良区の水車が多く、年間5サイトほどの発電所がオープンしているとのこと。
そして事例として紹介されたのは、どれも上坂先生が地域や住民といっしょになって作り上げた楽しい水力発電所でした。一つ目は電力を自給したいという農家の声から、上坂先生自身が作ったという砂防堰堤を利用した1.4kWの水力発電。二つ目は、宇奈月温泉を活性化させようと作った2kWの水力発電所は温泉街の電気バスを走らせるもの。三つ目は、文化遺産でもある南砺市五箇山の合掌造りを守ろうと、地域の人たちといっしょに会社をつくって完成させた160kWの水力発電所。
 そして、最後に語られたのは、地域をもっとも良く理解している人々が、地域の人と一緒になって資源を守り利用することが大事だということでした。
翌日は、最上エリア内の現場を上坂先生からアドバイスをもらいながら見て回りました。明るいお人柄もあって、小水力の可能性を楽しく感じられるエネルギー学校となりました。
2017年12月9日(土)
最上広域交流センター「ゆめりあ」ホール・アベージュにて

| その他の記事 |

  • お知らせ 2018.01.01
    2018年 新年のご挨拶

    新年おめでとうございます。 昨年は自然エネルギー学校2年目、最上町にてYAMAENEDAYS、農家ソーラーと、盛沢山の一年でした。中でもドイツの最新情 …

  • さくらんぼ市民共同発電所 2017.12.23
    地球クラブに発電電気の販売先を変更

    さくらんぼ市民共同発電所は、これまで東北電力に発電した電気を売電してきましたが、2017年12月18日を持って、販売先を地球クラブに変更いたしました。 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.12.22
    レポート ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを…

    日本では太陽光発電の買取価格も下がり、もはや太陽光発電は終わりだというような声も聞きます。そして、FIT(再生可能エネルギーの買取制度)終了後の世界が …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.12.14
    やまがた自然エネルギー学校第5回レポート

    やまがた自然エネルギー学校第5回のテーマは小水力。 黒部ダムで有名な富山県は、FITで導入された1000kW未満の小水力発電でも全国一。その富山県の小 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.26
    やまがた自然エネルギー学校第4回レポート

    やまがた自然エネルギー学校第4回は風車がテーマ。でも技術的は話ではなくて、社会学の研究者である西城戸先生が講師。お話のポイントを拾い上げると次のような …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.11
    森のエネルギー薪づくり教室レポート

    森のエネルギー薪づくり教室に集まった薪ストーブユーザーとご検討中のみなさん。山形市、山辺町、新庄市、戸沢村、酒田市といろんなところからお集まりいただき …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.06
    ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを街づくりに…

    ドイツで始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)ガ日本にも導入されて5年が経過。それによって太陽光発電は特に激増し、FITの買取制度も見 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.02
    地域で取り組む小水力発電

    山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水 …