| 活動を知る |

サムソ島ソーレン・ハーマンセン氏講演レポート
エネルギー自給率100%の地域づくり
講師ソーレン・ハーマンセン / デンマーク サムソ島
DATA2016年3月20日(日) / 庄内

風の島からのヒーローの講演を聞きに、連休の中日、彼岸にもかかわらず大勢の方が集まってくださいました。主催の温海で自然エネルギーを考える会、五十嵐賢一さんの挨拶でスタート。三浦先生の挨拶と、温海と対比したデンマークの紹介、地域での自然エネルギーの大切さのはなしから始まりました。温海地域自治会会長連合会会長の奥井厚さんも、ご多忙の中駆けつけてくださいました。
まず、ハーマンセンさんの絵本「風の島へようこそ」の朗読から始まり、サムソー島のこれまでを簡単にやわらかく伝えました。

ハーマンセンさんの講演では、どんなエネルギーが、どれぐらい使われていて、どうやって実現できたのか、ハーマンセンさんのこれまでの取組のはなし、が聞けるのかとおもいきや、もっと、コミュニティとは何か、地域とは何か、といったことを、みんなが話している、ということをむしろ強調されていました。それを、共有する共同体、Comomunity という造語で、表現し、それを作り出す場を、バイキングリーダーシップと表現されていました。


講演が終わって休憩の後は、ソーレンさん奥様マレーネさんのワークショップです。
まずは参加者同士が輪になっての自己紹介タイム!(チェックイン)どこから来たか、講演会にどんな期待をよせてきたのか、ここの場での発見をそれぞれ挨拶とともに語り合いました。

時計回りに順番に、ということでなく、話す準備ができた人から、手を上げて話す。そして、しばしの沈黙が訪れても、みんなを待つ、というのが大切なのだ、とマレーネさん。全員が手を上げる必要もない、と、自己紹介を強いることなく手を挙げない人も、強制されないやり方は、「話していない人いませんね?」と、最後の一人まで自己紹介するやり方とは異なり、自発性を重んじるバイキングならではのやり方でした。
チェックインが終わると、この場に様々な人がいて、殆どの人が初対面同士だが、なんとなく近づいた感じを持てた雰囲気が生まれていました。
そしてソーレンさんから、皆からの質問への答えタイム。とってもきさくなソーレンさんは参加者の輪の中心に入り、みんなの顔を見ながら表情豊かに質問に答えてくれました。とってもなごやかな時間が過ぎていきます。ハーマンセンさんが質問に答えるために、最初に選んだ疑問は、
「奥さんは最初から協力していましたか?」
その場に奥さんがいたので、皆の視線は奥さんへ。当然、最初はわけわからなかったわ。。という表情。やっぱり、場所は違えど、新しいことを始めるときに、家族への共有が一番地ということでした。

(文責・加藤)

| その他の記事 |

  • 2018.09.03
    自然エネルギーの新しい担い手 日本シュタットベルケ…

    やまがた自然エネルギー学校 ドイツの「シュタットベルケ」は自治体出資の公社で、電力小売り事業や再生可能エネルギー発電事業の大きな担い手となっています。 …

  • やまがた自然エネルギー読本 2018.08.30
    やまがた自然エネルギー読本

    やまがた自然エネルギー読本 日本でも自然エネルギーが増えてきましたが、山形県はどうなっているでしょうか。県内の様々な自然エネルギーの現状をデータで見な …

  • 山形県民が参加してる!再エネプロジェクト 2018.08.30
    山形県民が参加してる!再エネプロジェクト

    環境先進国の多いヨーロッパでは、風力発電やソーラーも市民共同発電所がたくさんあります。日本でも少しずつ市民共同発電所が生まれつつありますが、2016年 …

  • お知らせ 2018.08.17
    YAMAENE DAYS2018 市民・企業・地域…

    3・11以降多くの市民がエネルギーに関心を寄せるようになり、市民が自然エネルギーを新しい電力会社から購入するという選択肢もできました。また、各地で自然 …

  • お知らせ 2018.06.30
    鶴岡市皆川治市長に訪問

    6月25日、鶴岡市役所に訪問し、皆川治市長に面談いたしました。2018年度総会記念フォーラムYAMAENEDAYSの開催地は鶴岡です。そこで後援と市長 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.03.30
    やまがた自然エネルギー学校庄内レポート

    やまがた自然エネルギー学校は、12月に新庄でも好評であった小水力をテーマに再び富山国際大学教授上坂博亨先生をお迎えしました。上坂先生の講演内容は前回の …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.03.04
    地域で取り組む小水力発電

    山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.03.04
    やまがた自然エネルギー学校第6回レポート

     家庭でも電気を選べるようになってもうすぐ2年。まだ知らなかったという人も多いでしょう。今回の自然エネルギー学校では、国際環境NGO FoE Japa …