| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校第4回レポート
地域を助ける風力発電 〜住民たちで進める自然エネルギー〜
講師西城戸誠 / 法政大学 人間環境学部教授
DATA2017年11月25日(土) / 鶴岡協同の家こぴあ

やまがた自然エネルギー学校第4回は風車がテーマ。でも技術的は話ではなくて、社会学の研究者である西城戸先生が講師。お話のポイントを拾い上げると次のようなことでした。

風車に限らず再生可能エネルギーにも課題があることを認識せねばならないが、合意形成がうまくいかないと反対運動になる場合もある。それがゆえに地域に資するものとなることが重要。日本の風力は大手デベロッパーによる開発が主流になっているのに対して、ドイツやデンマークは地域が中心になるコミュニティ・パワーとしての考え方が紹介される。しかし、日本の現実はそれを担える地域の主体はそう多くはない。日本でも市民風車が建設されてきたが、それとて落下傘的な側面は拭えず、地域に受け入れられるための活動は重要である。首都圏の生活クラブ風車がにかほ市に建設したが、建設後も現地への訪問や農産物の購入など精力的な交流が行われ、地域住民にも受け入れられるようになったきた。地域は重要だが、「誰が」ではなく、地域に「何を」もたらすのかを考えることが重要である。

以上のようなことでしたが、山形にも重なることがたくさんありました。風力発電は世界で最も普及している再生可能エネルギーの発電ですが、山形県は全国的に見てもさほど多い地域ではありません。やまがた自然エネルギーネットワークとしても、風力発電がよい形で地域に導入されるよう、様々なステークホルダーと連携を図った行きたいと思います。
2017年11月25日(土) 鶴岡協同の家こぴあ

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …

  • お知らせ 2019.01.03
    代表より新年の挨拶

      2019年、今年はどんな年になるでしょう。 昨年は大きな転換点となる年だったと言えるでしょう。 それは世界が地球温暖化防止に取り組むこと …

  • レポート 2018.12.03
    【イベントレポート】農地で始めるソーラーシェアリン…

    農地で始める発電ソーラーシェアリング、 約70名の方にご参加いただきました! ありがとうございました。   当日は司会をやまエネ代表の三浦が行い、 基 …

  • やまがた薪まきネットワーク 2018.11.04
    森の薪づくり教室

    薪ストーブの季節がやってきました! この冬の薪は準備万端でしょうか。 さて、今年の薪づくり教室は、薪の山を巡って上山市の山元林業協同組合を訪ねたいと思 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.10.21
    【イベントレポート】自然エネルギーの新しい担い手 …

    60名を超えるご参加、誠にありがとうございました。 ラウパッハ先生をお招きしての二日間にわたる講座、 大白熱で終了しました。

  • イベント 2018.10.04
    11/12 農地で電気もつくるソーラーシェアリング

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …

  • レポート 2018.09.29
    総会&YAMAENE DAYS2018開催しました…

    YAMAENE DAYS2018大勢の方にご参加いただき、大にぎわいの中終了いたしました! 今年は一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワ …