| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校第4回レポート
地域を助ける風力発電 〜住民たちで進める自然エネルギー〜
講師西城戸誠 / 法政大学 人間環境学部教授
DATA2017年11月25日(土) / 鶴岡協同の家こぴあ

やまがた自然エネルギー学校第4回は風車がテーマ。でも技術的は話ではなくて、社会学の研究者である西城戸先生が講師。お話のポイントを拾い上げると次のようなことでした。

風車に限らず再生可能エネルギーにも課題があることを認識せねばならないが、合意形成がうまくいかないと反対運動になる場合もある。それがゆえに地域に資するものとなることが重要。日本の風力は大手デベロッパーによる開発が主流になっているのに対して、ドイツやデンマークは地域が中心になるコミュニティ・パワーとしての考え方が紹介される。しかし、日本の現実はそれを担える地域の主体はそう多くはない。日本でも市民風車が建設されてきたが、それとて落下傘的な側面は拭えず、地域に受け入れられるための活動は重要である。首都圏の生活クラブ風車がにかほ市に建設したが、建設後も現地への訪問や農産物の購入など精力的な交流が行われ、地域住民にも受け入れられるようになったきた。地域は重要だが、「誰が」ではなく、地域に「何を」もたらすのかを考えることが重要である。

以上のようなことでしたが、山形にも重なることがたくさんありました。風力発電は世界で最も普及している再生可能エネルギーの発電ですが、山形県は全国的に見てもさほど多い地域ではありません。やまがた自然エネルギーネットワークとしても、風力発電がよい形で地域に導入されるよう、様々なステークホルダーと連携を図った行きたいと思います。
2017年11月25日(土) 鶴岡協同の家こぴあ

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.03.30
    やまがた自然エネルギー学校庄内レポート

    やまがた自然エネルギー学校は、12月に新庄でも好評であった小水力をテーマに再び富山国際大学教授上坂博亨先生をお迎えしました。上坂先生の講演内容は前回の …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.03.04
    地域で取り組む小水力発電

    山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2018.03.04
    やまがた自然エネルギー学校第6回レポート

     家庭でも電気を選べるようになってもうすぐ2年。まだ知らなかったという人も多いでしょう。今回の自然エネルギー学校では、国際環境NGO FoE Japa …

  • お知らせ 2018.01.01
    2018年 新年のご挨拶

    新年おめでとうございます。 昨年は自然エネルギー学校2年目、最上町にてYAMAENEDAYS、農家ソーラーと、盛沢山の一年でした。中でもドイツの最新情 …

  • さくらんぼ市民共同発電所 2017.12.23
    地球クラブに発電電気の販売先を変更

    さくらんぼ市民共同発電所は、これまで東北電力に発電した電気を売電してきましたが、2017年12月18日を持って、販売先を地球クラブに変更いたしました。 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.12.22
    レポート ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを…

    日本では太陽光発電の買取価格も下がり、もはや太陽光発電は終わりだというような声も聞きます。そして、FIT(再生可能エネルギーの買取制度)終了後の世界が …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.12.14
    やまがた自然エネルギー学校第5回レポート

    やまがた自然エネルギー学校第5回のテーマは小水力。 黒部ダムで有名な富山県は、FITで導入された1000kW未満の小水力発電でも全国一。その富山県の小 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.26
    やまがた自然エネルギー学校第4回レポート

    やまがた自然エネルギー学校第4回は風車がテーマ。でも技術的は話ではなくて、社会学の研究者である西城戸先生が講師。お話のポイントを拾い上げると次のような …