| 活動を知る |

ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを街づくりに取り込むドイツ〜
やまがた自然エネルギー学校 特別講義

ドイツで始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)ガ日本にも導入されて5年が経過。それによって太陽光発電は特に激増し、FITの買取制度も見直しが進められ、発電した電気を売ることから、自分で使う自家消費への転換が迫られる状況になりつつあります。
すでに再生可能エネルギーを”売る”から”使う”時代へと突入しているドイツ。建物や街レベルで再生可能エネルギーが、その他のエネルギー源と共に効率良く導入され始めています。その最新状況をドイツの自治体の都市計画局やエコ建築研究機関でエネルギー関係の業務に携わって来た永井宏治氏を招き、事例や背景を交えて紹介してもらいます。

■講師プロフィール
永井宏治(ながいこうじ) 1981年生 大阪出身
ドイツ法人ASOBU共同代表 建築・都市地域計画・環境コンサルタント
2004年に渡独、現在はビーレフェルト在住。東北芸術工科大学、ドルトムント工科大学ディプロム過程卒業。都市計画局やエコ建築研究機関へ約10年勤務を経て独立、ドイツ法人設立。専門家や学生へのセミナー、自治体、企業へのコンサルティングやプランニングを行なっている。日経アーキテクチュア、環境ビジネス、建築技術、IBEC機関紙、その他メディアにドイツの都市と建築について寄稿。
https://www.ecspo.net/

■日時
2017年12月16日(土)14:00〜16:00
■場所
天童市市民プラザ多目的ホール
(〒994-0034 山形県天童市本町1丁目1−2)
■参加申し込み方法
以下の申し込みフォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/Oj5bxg6a124CHBzV2
■主催
やまがた自然エネルギーネットワーク/ソーラーワールド株式会社
■後援
山形県/天童市/天童温泉組合
■お問い合わせ先
やまがた自然エネルギーネットワーク事務局
東根市大字羽入2115-4
TEL:050-3479-2014 FAX:0237-48-2298 Mail:info@yamaene.net

本後援は山形県県民参加型再生可能エネルギー地域貢献支援事業として行なっています。

 

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    山形でもやろうよSDGs

    会社も地域も生活も、いろいろ問題が多くなってきましたが、目先のことだけ考えていても、自分に関係することだけを見ていても、なかなか解決しないものです。や …

  • お知らせ 2019.06.16
    映画「おだやかな革命」地域自主上映会募集!

    やまがた自然エネルギーネットワークでは、地域住民が地域資源を活用したエネルギー利用を考えることを目的として行う「おだやかな革命」自主上映会を募集します …

  • 電力会社を切り替え 2019.03.29
    電力会社を切り替える

    今まで山形県の家庭は東北電力以外から電気を買うという選択肢はありませんでした。しかし、2016年4月から自由化され、電力会社を選ぶことが可能になりまし …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.02.23
    山形新聞、荘内日報にに取り上げていただきました!

      先日鶴岡市で開催した「農地で電気も作る発電ソーラーシェアリング」の様子を山形新聞、荘内日報で紹介していただきました。

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …

  • お知らせ 2019.01.03
    代表より新年の挨拶

      2019年、今年はどんな年になるでしょう。 昨年は大きな転換点となる年だったと言えるでしょう。 それは世界が地球温暖化防止に取り組むこと …