| 活動を知る |

バイオマスによる地域のエネルギー転換 ー世界のエネルギー動向を見据えてー

<やまがた自然エネルギー学校2017第3回>
国レベルで見ると、バイオエネルギーのポテンシャルはそれほど多くはありません。それでは、バイオエネルギーは 無視してしまってもよい、マイナーなエネルギーと言うと、それは皆さんの直感に反していると思います。 そうです。地域というスケールで見た場合に、バイオエネルギーは大きなポテンシャルを持った重要な自然エネルギーです。特に取り組みやすい木質バイオエネルギーの熱利用から始めて、その他のバイオマスや自然エネルギーを 組み合わせて、地域のエネルギー自立を目指しましょう。そのためには、地域主導でボイラを導入し、安定的に燃料供給の仕組みを作っていくための地域アライアンスが必要です。

■講師 相川高信氏(自然エネルギー財団) プロフィール
自然エネルギー財団 上級研究員。京都大学大学院農学研究科修了(森林生態学・修士)。三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)において、森林・林業分野の調査・コンサルティングに従事。東日本大震災を契機に、木質系を中心にバイオエネルギーのプロジェクトに多数関わるようになり、2016年6月より現職。同年3月に北海道大学大学院農学研究院より、森林・林業分野の人材育成政策をテーマに、博士(農学)を取得。著書に『木質バイオマス事業 林業地域が成功する条件とは何か』『先進国型林業の法則を探る』(全国林業改良普及協会)など。

日 時 2017年10月21 日(土)13:30 ~ 15:30
会 場 長沢集学校(〒999-4605 山形県最上郡舟形町長沢1072)
https://www.facebook.com/nagasawa.syugakko/

参加方法
①【一番簡単です!】下記の申し込みフォームから申し込み。
https://goo.gl/forms/whzhRCevNLMcYaHv2
②【メール】または【FAX】に、以下の事項を書いてお送りください。
件名「第3回自然エネルギー学校申し込み
本文「お名前・携帯番号(緊急連絡用)・メールアドレス・ご住所」

申し込み・問い合わせ先:やまがた自然エネルギーネットワーク事務局
東根市大字羽入2115-4 (株)シオン内
TEL:050-3479-2014 FAX:0237-48-2298
Mail:info@yamaene.net

主催
やまがた自然エネルギーネットワーク
後援
山形県、東北芸術工科大学、NPO法人環境ネットやまがた、
NPO法人バイオマスもがみの会、置賜自給圏推進機構
生協共立社、生活クラブやまがた

【この講座は独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。】

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    山形でもやろうよSDGs

    会社も地域も生活も、いろいろ問題が多くなってきましたが、目先のことだけ考えていても、自分に関係することだけを見ていても、なかなか解決しないものです。や …

  • お知らせ 2019.06.16
    映画「おだやかな革命」地域自主上映会募集!

    やまがた自然エネルギーネットワークでは、地域住民が地域資源を活用したエネルギー利用を考えることを目的として行う「おだやかな革命」自主上映会を募集します …

  • 電力会社を切り替え 2019.03.29
    電力会社を切り替える

    今まで山形県の家庭は東北電力以外から電気を買うという選択肢はありませんでした。しかし、2016年4月から自由化され、電力会社を選ぶことが可能になりまし …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.02.23
    山形新聞、荘内日報にに取り上げていただきました!

      先日鶴岡市で開催した「農地で電気も作る発電ソーラーシェアリング」の様子を山形新聞、荘内日報で紹介していただきました。

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    2019年から始まるフィット終了後の太陽光発電と顔…

    これまで住宅に設置された太陽光発電も、来年2019年から順次FITの買取期間10年の満了を迎えるようになってきます。このFIT終了後はどうなるのか、あ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.01.14
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<第2弾>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入が継続的に得られるため、農業者の収入拡大による …

  • お知らせ 2019.01.03
    代表より新年の挨拶

      2019年、今年はどんな年になるでしょう。 昨年は大きな転換点となる年だったと言えるでしょう。 それは世界が地球温暖化防止に取り組むこと …