| 活動を知る |

第2回自然エネルギー学校レポート
山形の未来を拓く発電所&節電所の作り方
講師山崎求博 / 足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ事務局長
DATA2017年8月20日 / 山形エコハウス
足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ、略して足温ネットの事務局長山崎求博さんを迎えての自然エネルギー学校。活動拠点である江戸川区は人口67万人ですが、昭和50年代までは農村地帯だったそう。
足温ネットの設立は20年前に遡り、地球温暖化対策としてのフロンガス対策から始まり、省エネ冷蔵庫買替、市民共同発電所、市民共同節電所、地域通貨、BDF(バイオディーゼル燃料)、無配当出資の発電所づくりなどなど、とにかくいろんなプロジェクトに取り組んできておられます。
そして、地域新電力が立ち上がり始めた今、電力会社が発電しない屋久島、かつて送配電網を買い取った利尻島の電気利用組合の話など、いわゆる大手電力会社でなくてもできることはあると説明。この中の資料で目を引いたのがかつて山形県にあった18の電力会社でした。
最後は山形の将来像として、農村のエネルギーと都市のネガワット(省エネ)による地域経済の循環を提案いただきました。
江戸川区も日本の一地方。山形にとって、実にたくさんのヒントをいただいた山崎さんのお話でした。

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.01
    地域を助ける風力発電 〜住民たちで進める自然エネル…

    再生可能エネルギーとして重要な風力発電も、日本では地域外資本による開発で地域から反対を受ける場合も増えています。 地域住民自らがコミュニティー組織を通 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.07.12
    やまがた自然エネルギー学校2017年間予定

    やまがたの 太陽光、風力 バイオマス、水力など 自然エネルギーのこと 省エネのこと 学んでみよう 主催:やまがた自然エネルギーネットワーク 後援(予定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.11
    森のエネルギー薪づくり教室レポート

    森のエネルギー薪づくり教室に集まった薪ストーブユーザーとご検討中のみなさん。山形市、山辺町、新庄市、戸沢村、酒田市といろんなところからお集まりいただき …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.06
    ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを街づくりに…

    ドイツで始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)ガ日本にも導入されて5年が経過。それによって太陽光発電は特に激増し、FITの買取制度も見 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.02
    地域で取り組む小水力発電

    山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.28
    第3回自然エネルギー学校レポート

    舟形町の廃校を利用して4月にできたばかりの長沢集学校で開かれた、やまがた自然エネルギー学校第3回。日本各地のみならず世界中を駆け回る論客、相川高信さん …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.03
    バイオマスによる地域のエネルギー転換 ー世界のエネ…

    <やまがた自然エネルギー学校2017第3回> 国レベルで見ると、バイオエネルギーのポテンシャルはそれほど多くはありません。それでは、バイオエネルギーは …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.03
    森のエネルギー薪づくり教室

    やまがた自然エネルギー学校2017<薪ストーブ編> 冬の自然エネルギーとして自分でも作れるのが薪。薪ストーブの醍醐味は薪づくり。薪づくりを通して森と触 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.03
    ソーラーシェアリング見学会と資金計画を学ぶ<やまが…

    ソーラーシェアリング見学会とソーラー資金計画を学ぶ やまがた自然エネルギー学校<見学会> 農産物をつくりながら、その農地で太陽光発電の電気も作るソーラ …