| 活動を知る |

やまがた自然エネルギー学校2017年間予定

やまがたの
太陽光、風力

バイオマス、水力など
自然エネルギーのこと
省エネのこと
学んでみよう

主催:やまがた自然エネルギーネットワーク
後援(予定):山形県、東北芸術工科大学、NPO法人環境ネットやまがた

NPO法人バイオマスもがみの会、置賜自給圏推進機構、生協共立社、生活クラブやまがた


自然エネルギーには様々なものがあります。
また、地域に適したものを選んでいく必要があります。
個人の住宅で使う自然エネルギーから、メガーソーラーや
風力発電といった大きなものもあります。
大きなものでも市民や地域が共同でつくる発電所もあります。
そして自然エネルギーによる電気を選んで買うという方法も
去年から可能になりました。

こうした多様な側面を持つ自然エネルギーを総合的に学び、
山形で実践していくためのプログラムを組んだのが
「やまがた自然エネルギー学校」です。
県外で活躍する第一線の講師を招くとともに、
県内各地域に即した自然エネルギーの利用方法を学び
具体的に導入方策を参加者とともに考えていきます。


やまがた自然エネルギー学校2017 プログラム

 第1回 8月5日(土)13:30〜16:00

東根市さくらんぼタンクトルセンター

●ソーラーシェアリングと農家のソーラー発電所づくり
農産物を作りながら、その農地で太陽光発電の電気も作るソーラーシェアリングの考案者からその理論を学びます。そして東根市で実際に作られたソーラーシェアリングを見学しながら実践的手法を学びます。
講師:長島彬氏(ソーラーシェアリング発案者)
秋葉慶次氏、木村充氏(ソーラーシェアリング実践者)
第2回  8月20日(日)13:30〜16:00
山形エコハウス
 ●山形の未来を拓く発電所&節電所の作り方
家計や地域経済にのしかかるエネルギー支出の負担を、自然エネルギーの推進と省エネ、節電の普及による「エネルギー自立」で取り除く方法について学びます。
講師:山崎求博氏
(足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ事務局長)
第3回  10月21日(土)13:30〜16:00
新庄会場(詳細は後日決定)
●バイオマスによる地域のエネルギー転換
ー世界のエネルギー動向を見据えてー
森林のエネルギー利用は暖房から発電まで様々です。地域のエネルギー転換はどのような方法が良いのか、世界のエネルギー動向を見ながら学びます。
講師:相川高信氏(自然エネルギー財団)
第4回 11月25日(土)13:30〜16:00
鶴岡協働の家・こぴあ
●風力発電の内発的発展
再生可能エネルギーとして重要な風力発電も、日本では地域外資本による開発で地域から反対を受ける場合も増えています。地域に資する風力発電の内発的発展とはどのようなものか学びます。
講師:西城戸誠氏(法政大学 人間環境学部教授)
第5回 12月9日(土)13:30〜16:00
新庄会場(詳細は後日決定)
●地域で取り組む小水力発電
安定した電力として期待される小水力発電。そして、河川や水路は地域と密接な関係を持っています。小水力発電の先進地富山県では、地域がどのように取り組んできたか学びます。
講師:上坂博亨氏(富山国際大学教授、富山県小水力利用推進協議会会長)
第6回 2018年3月未定 13:30〜16:00
山形会場・鶴岡会場(詳細は後日決定)
●家庭も選べる新しい電気
家庭でも電力会社を選べるようになって1年を経過し、山形県内でも選べる電力会社が増えてきました。来年度より電力の販売を開始する地球クラブの取り組みについて学びます。

講師:髙橋怜一氏(地球クラブ)

参加費:無料

■申し込み方法:メールまたはFAXにて氏名、連絡先を記入の上、第○回自然エネルギー学校参加希望と書いてお送りください。
メール:info@yamaene.net
FAX:0237-48-2298

 

問い合わせ先:やまがた自然エネルギーネットワーク事務局
東根市大字羽入2115-4 (株)シオン内
TEL:050-3479-2014 FAX:0237-48-2298
Mail:info@yamaene.net

この講座は独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

 

| その他の記事 |

  • お知らせ 2018.01.01
    2018年 新年のご挨拶

    新年おめでとうございます。 昨年は自然エネルギー学校2年目、最上町にてYAMAENEDAYS、農家ソーラーと、盛沢山の一年でした。中でもドイツの最新情 …

  • さくらんぼ市民共同発電所 2017.12.23
    地球クラブに発電電気の販売先を変更

    さくらんぼ市民共同発電所は、これまで東北電力に発電した電気を売電してきましたが、2017年12月18日を持って、販売先を地球クラブに変更いたしました。 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.12.22
    レポート ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを…

    日本では太陽光発電の買取価格も下がり、もはや太陽光発電は終わりだというような声も聞きます。そして、FIT(再生可能エネルギーの買取制度)終了後の世界が …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.12.14
    やまがた自然エネルギー学校第5回レポート

    やまがた自然エネルギー学校第5回のテーマは小水力。 黒部ダムで有名な富山県は、FITで導入された1000kW未満の小水力発電でも全国一。その富山県の小 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.26
    やまがた自然エネルギー学校第4回レポート

    やまがた自然エネルギー学校第4回は風車がテーマ。でも技術的は話ではなくて、社会学の研究者である西城戸先生が講師。お話のポイントを拾い上げると次のような …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.11
    森のエネルギー薪づくり教室レポート

    森のエネルギー薪づくり教室に集まった薪ストーブユーザーとご検討中のみなさん。山形市、山辺町、新庄市、戸沢村、酒田市といろんなところからお集まりいただき …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.06
    ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを街づくりに…

    ドイツで始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)ガ日本にも導入されて5年が経過。それによって太陽光発電は特に激増し、FITの買取制度も見 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.02
    地域で取り組む小水力発電

    山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水 …