| 活動を知る |

<農民ソーラー紹介>だだちゃ豆ソーラー:くろうえもん農場 木村充さん

鶴岡市矢馳で200年続く農家の当主をなさっているのが木村充さんです。
自然に影響を与えず自然と関わる「ローインパクト」の考え方を大切にして
自然に優しい農法を取り入れています。
「今ある環境を尊重し、この庄内という自然豊かな地域の中で、
農業を通じて食と農の大切さを多くの方と分かち合っていきたい。」
そう語る木村さん。

3.11以降、自分にできることは何かをずっと考え続けてこられた結果、
農を通じて人様と繋がっているのだから農業に欠かせない電気を
自然の力を借りて生み出したいと思われたそうです。

応援してくださる皆さんからエネルギーをいただき、電気、食、
そして喜びのエネルギーを大きく生み出して分かち合いたいと語る
木村さんの表情は明るい輝きに満ちています。

お申し込みは直接くろうえもん農場(http://kurouemon.jp/)までお願いいたします。
以下の画像はPDFでもダウンロードできます。

●発電所概要
設置場所:山形県鶴岡市矢馳
設立概要:太陽光発電バネル容量10kw
(パワーコンディショナー10kw)
完成予定:平成29年9月
事業費:250万円

●設立協賛募の募集
協賛募集:1口5万円 総協賛口数50口(先着順)
※自家用他贈呈用に口数の追加も可能です。
協賛特典:1口当たり、くろうえもん農場で生産した
だだちゃ豆・米を毎年11,000円相当で5年間お送りします。
夏便と秋便が1便ずつ届きます。片方だけ2便分お送りすることも可能です。
例:夏便 だだちゃ豆 約500g×4〜5パック 秋便 つや姫 約4kg×2袋
募集期間:平成29年7月10日〜平成29年10月20日
(黒澤)

| その他の記事 |

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.01
    地域を助ける風力発電 〜住民たちで進める自然エネル…

    再生可能エネルギーとして重要な風力発電も、日本では地域外資本による開発で地域から反対を受ける場合も増えています。 地域住民自らがコミュニティー組織を通 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.07.12
    やまがた自然エネルギー学校2017年間予定

    やまがたの 太陽光、風力 バイオマス、水力など 自然エネルギーのこと 省エネのこと 学んでみよう 主催:やまがた自然エネルギーネットワーク 後援(予定 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.11
    森のエネルギー薪づくり教室レポート

    森のエネルギー薪づくり教室に集まった薪ストーブユーザーとご検討中のみなさん。山形市、山辺町、新庄市、戸沢村、酒田市といろんなところからお集まりいただき …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.06
    ポストFIT 〜使う再生可能エネルギーを街づくりに…

    ドイツで始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)ガ日本にも導入されて5年が経過。それによって太陽光発電は特に激増し、FITの買取制度も見 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.11.02
    地域で取り組む小水力発電

    山間を流れる川、田んぼの中を流れる水路、まだまだ山形には電気をつくれる場所があります。そして、安定した電力として期待されるのが小水力発電です。また、水 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.28
    第3回自然エネルギー学校レポート

    舟形町の廃校を利用して4月にできたばかりの長沢集学校で開かれた、やまがた自然エネルギー学校第3回。日本各地のみならず世界中を駆け回る論客、相川高信さん …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.03
    バイオマスによる地域のエネルギー転換 ー世界のエネ…

    <やまがた自然エネルギー学校2017第3回> 国レベルで見ると、バイオエネルギーのポテンシャルはそれほど多くはありません。それでは、バイオエネルギーは …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.03
    森のエネルギー薪づくり教室

    やまがた自然エネルギー学校2017<薪ストーブ編> 冬の自然エネルギーとして自分でも作れるのが薪。薪ストーブの醍醐味は薪づくり。薪づくりを通して森と触 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2017.10.03
    ソーラーシェアリング見学会と資金計画を学ぶ<やまが…

    ソーラーシェアリング見学会とソーラー資金計画を学ぶ やまがた自然エネルギー学校<見学会> 農産物をつくりながら、その農地で太陽光発電の電気も作るソーラ …