| 活動を知る |

<農民ソーラー紹介>さくらんぼソーラー:長瀬農園 秋葉慶次さん

東根市羽入で長瀬農園を営んでいる秋葉さん。
遊休地の有効活用や地域のために何かできないかと考え続け、
出た答えが「ソーラーシェアリング」でした。

農地に支柱を立ててソーラー発電設備を設置し、
農業と発電事業を同時に行うソーラーシェアリングで
平成27年から自身の田んぼで手作りのソーラー発電を始められています。
そして今回、新たな試みに挑戦しようとしています。

「農家は自然が相手の商売。
農産物を作ることとエネルギーを作ることも同じこと。
みんなが一体となってソーラー発電を行い、
再び農地を耕し農産物を作るような、
地域の元気を生み出す取り組みに挑戦していきたい!」
秋葉さんはそうおっしゃっています。
お申し込みは
長瀬農園さんのフェースブックページからご連絡お願いいたします。
以下の画像はPDFでもダウンロードできます。

(黒澤)

■ 農家ソーラー発電所 ソーラーシェアリング概要
設立場所 山形県東根市羽入 遊休農地 約2,000m²
設備概要 設備容量 68 kW (パワーコンディショナー容量49.9kW)
遊休農地に地上3mの支柱を立てての太陽光パネル648枚を取り付けたソーラシェアリング(営農型発電)に取り組みます。このソーラー発電所は、山形県東根市の日照条件から、太陽光発電の効率をあげるため季節ごとにパネルの角度を変えるようになっています。年間の発電量 84,000 kWh(見込み)です。
売電先 固定価格買取制度をつかって再生可能エネルギーの取組みに理解がある電力会社に売電予定です
完成予定 平成29年9月末頃
事業予算 約1,500万円 (協賛金は農家ソーラー発電所を設立する予算に充当します)

■ さくらんぼ 農家ソーラー発電所 設立協賛金の募集
協賛募集 1口5万円 総協賛口数100口(先着順)
協賛特典 協賛金1口で長瀬農園で生産した一般価格11,000円相当の農産物(さくらんぼとお米)を毎年5年間お送りします。
募集期間 平成29年7月1日から9月30日
募集者 長瀬農園(〒999-3776山形県東根市羽入2586) 受付 : 秋葉慶次
TEL:0237-47-2037 メ-ル:nagase-cherry-farm@rose.plala.or.jp

| その他の記事 |

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.12.14
    やまがたRE100シンポジウム 2020.2.13

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.11.14
    2019年12月6日 農地で電気もつくるソーラーシ…

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取り組みです。 作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、 農業経 …

  • お知らせ 2019.10.29
    環境やまがた奨励賞を受賞しました!

    この度、地球環境または地域環境の保全と創造に功績があったとして やまがた自然エネルギーネットワークを受賞していただきました。   10月26日に開催さ …

  • お知らせ 2019.08.31
    YAMAENE DAYS2019 再エネフェス

    今年のYAMAENEDAYSは再エネフェスとして開催です。ライブあり、マルシェあり、展示あり、そしてフォーラムあり。歌って、食べて、見て、聞いて、体験 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.06.19
    農地で電気もつくるソーラーシェアリング<酒田>

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、農業経営の安定 …