| 活動を知る |

2019年12月6日 農地で電気もつくるソーラーシェアリング <米沢>
DATA2019.12.6 / 伝国の杜 置賜文化ホール

ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取り組みです。

作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、
農業経営の安定化や農村地域の活性化が期待できます。

農林水産省は営農型発電設備としてソーラーシェアリングを定義づけ、
担い手の所得向上や荒廃農地の解消につながる取り組みを後押ししています。

また、日本各地で台風や豪雨と言った被害が出ている中、
ソーラーシェアリングは地球温暖化防止にとっても重要な対策と考えられます。

ソーラーシェアリングに関する国の考え方や農家の実践例を紹介いただきます。

司会 三浦秀一氏 東北芸術工科大学教授(やまがた自然エネルギーネットワーク代表)
〇営農型太陽光発電について 農林水産省再生可能エネルギー室 担当官
〇大豆畑でソーラーシェアリング 大内督氏(二本松有機農業研究会、農家)
〇飯舘村・福島市でソーラーシェアリング 近藤恵氏(合同会社AgroKraft代表社員)
〇水田でソーラーシェアリング 木村成一氏(米沢稔りの会、農家)
〇耕作放棄地でソーラーシェアリング 秋葉慶次氏(東根市長瀬農園、農家)

会場:伝国の杜 置賜文化ホール
〒992-0052 山形県米沢市丸の内一丁目2番1号
TEL 0238-26-8000 FAX 0238-26-2660
https://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/top.htm

お申し込みは下のリンクからどうぞ。
https://forms.gle/fYKygasfqK4pNiXo6

主催 やまがた自然エネルギーネットワーク  
共催 米沢信用金庫  
後援 山形県

| その他の記事 |

  • 電力会社を切り替え 2020.03.08
    電力会社を選ぶ2020年

    地球温暖化を防ぐために自分は何ができるかと考えている方、新しい電力会社の電気に変えるだけで、二酸化炭素の排出量を半減させることが可能です。 下の表は国 …

  • 2020.03.08
    やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人

    やまがた自然エネルギーネットワークはreallocal山形と協力し、やまがたの自然でエネルギーを作る、やまがたの人を紹介してきました。自然エネルギーに …

  • 2020.02.26
    脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する

    私たち、やまがた自然エネルギーネットワークは、「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative)」の呼びかけに賛同し、以下を …

  • やまがた薪まきネットワーク 2020.01.15
    白鷹の森づくり薪づくり2/15見学会

    薪ストーブユーザーのみなさん、冬の時期は薪をくべながらも来年の冬の薪のことを考えておられるのではないでしょうか。 この度、白鷹町で森づくり、薪づくりに …

  • 2020.01.01
    2020年のご挨拶

    少し未来のように感じていた2020年が始まりました。2019年は2つの台風が猛威を振るい甚大な被害をもたらしました。地球温暖化とはこういうことかと感じ …

  • 2019.12.28
    やまがたの自然からエネルギーをつくる人

    やまがたの自然からエネルギーをつくる人。はじまりました。 第一弾はソーラーワールドの武内さん。real local山形。 今でこそ再エネは大きなビジネ …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.12.14
    やまがたRE100シンポジウム 2020.2.13

    山形RE100シンポジウム 地域に活力をもたらす自然エネルギー100%の導入 日時 2020年2月13日(木)13:30~ 会場 東北芸術工科大学 2 …

  • やまがた自然エネルギー学校 2019.11.14
    2019年12月6日 農地で電気もつくるソーラーシ…

    ソーラーシェアリングは、太陽光を農業生産と発電とで共有する取り組みです。 作物の販売収入に加え、安定した売電による収入が継続的に得られるため、 農業経 …